金正男氏は「礼儀正しい読書家」 東京新聞編集委員が「独占告白」

印刷

   北朝鮮の故・金正日総書記の長男、正男氏(40)が「3代世襲」に反対していることを特報した東京新聞の五味洋治編集委員が2012年1月24日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見を開いた。

   正男氏とのメールのやり取りやインタビューの内容をまとめた著書「父・金正日と私 金正男独占告白」(文藝春秋社)の発刊を記念したもの。「放蕩息子」とのイメージがつきまとう正男氏だが、五味氏に対しては「読書家」「非常に礼儀正しい人」といった、まったく違う一面を見せていた。

7時間のインタビューとメール150通をまとめる

著書「父・金正日と私 金正男独占告白」について会見する五味洋治氏
著書「父・金正日と私 金正男独占告白」について会見する五味洋治氏

   五味氏によると、正男氏とは04年北京首都空港で偶然出会ったのをきっかけに、メールの交換が始まった。その後、数年間にわたって音信不通になったものの、10年10月になって正男氏からメールが届き、交流が復活。11年1月には、マカオでインタビューもしている。今回の著書は、合計7時間のインタビューと150通にわたるメールのやり取りをまとめたもの。多い時は、1日に3通のメールをやりとりすることもあったという。

   正男氏が一貫して訴えていたのは、(1)世襲反対(2)経済改革が必要(3)後継者の正恩氏は、住民の生活を豊かにすることに重点を置いて欲しい、という3点。一方で、正日氏の健康状態や、「軍、核、拉致問題」については具体的なことは言わなかったという。

   01年に成田空港で拘束されたことで「放蕩息子」とのイメージがついてしまった正男氏だが、やはり本人も後ろめたいところがあるようで「そのことは話したくない」と語っていたという。この件では、金正日氏が激怒し、親子の関係が一時期疎遠になったとされる。だが、実際の正男氏は「非常に礼儀正しい。非常に常識的な、話の通じる人」だというのが五味氏の評価だ。

「私が(北朝鮮に関する)ニュースを見たときに、確認しようとしてメールを出すと、『もう読んでいます。私の経験からして、信憑性がないんじゃないか』といった話しをしていた。北朝鮮が韓国を砲撃した延坪(ヨンピョン)島事件の時も、『あの地域を紛争地域として印象づけないと、北朝鮮は軍備増強ができない』と、さらっと書いてあったが、彼の分析には非常に同感。韓国から北朝鮮に関する本を買って、スキャンして送ったりもしたが、『もう読んでいる』というのがほとんどだった」

と、読書家ぶりに舌を巻いていた。また、

「自分では『政治には関係ない』といいながら、非常に関心をはらっている」

という。

「リタイヤしたら、本当の友達になれると期待」

   五味氏は、やりとりの内容を本にして公開することについては正男氏と合意していたものの、出版の時期について折り合いがつかないまま出版に踏み切った。本の出版で正男氏の身に危険が及ぶ可能性があるとの批判に対しては、五味氏は

「彼に対する関心が高まれば、色々な勢力が彼に手を出すことは難しくなる」

と反論。現時点では、五味氏からのメールに正男氏から返信はないというが、

「(東京新聞を)リタイヤしたら、彼の本当の友達になれると期待している」

と話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中