ギリシャの巨匠、アンゲロプロス監督が交通事故死

印刷

   世界的巨匠として知られるギリシャの映画監督テオ・アンゲロプロス氏が、2012年1月24日、首都アテネに近いピレウス郊外でバイクにはねられ、脳出血のため亡くなったと、ギリシャのメディアが報じた。76歳だった。

   アンゲロプロス監督は、映画批評活動を経て、1968年に初の短編映画「放送」を完成させた。その後は、精力的に映画を撮り続け、「アレクサンダー大王」(80年)で、ヴェネツィア国際映画祭「金獅子賞」を、「永遠と一日」(98年)で、カンヌ国際映画祭「パルム・ドール賞」を受賞。多くの作品で高い評価を得ている。

   代表作は他に、現代史三部作と呼ばれる「1936年の日々」(72年)、「旅芸人の記録」(75年)、「狩人」(77年)など。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中