「オセロ」中島が家賃滞納で訴訟に 家主の本木雅弘「困った」で緊急コメント

印刷

   芸能界長期休業中のお笑いコンビ「オセロ」の中島知子さん(40)が自宅と個人事務所の家賃を長期滞納しているため、近く訴訟されるとのニュースが流れた。しかも、家主が「米アカデミー賞俳優」の本木雅弘さん(46)だったなどとして騒動が拡大している。

   本木さんの所属事務所は、訴訟の準備を進めているのは仲介した不動産管理会社や家賃保障会社なのに、まるで本木さんVS中島さんと勘違いされていると困惑。本木さん自身も「やむを得ずこのような流れになっております」と談話を発表した。

「モックン、大家さんなんだ。儲けてまんなー」

   写真週刊誌「フラッシュ」(2012年2月14日号)によれば、中島さんは昨年8月から東京渋谷にある個人事務所の家賃(月45万円)を滞納していて、累計270万円の支払いと立ち退きを求める訴訟になっているが、もう一つ、この事務所近隣の自宅マンションの家賃(月65万円)も滞納していて、約400万円を支払うよう来月にも訴訟が始まると書いている。

   その400万円を滞納されている家主は本木さんと本木さんの奥さんで、家賃保障会社から相談されて訴訟にゴーサインを出した、というのだ。

   ネットでは中島さんに対し、半年も家賃滞納すれば訴えられて当然、といった意見が多いが、本木さんに対する注目も集まり

「モックン、大家さんなんだ。儲けてまんなー」
「まるで本木が訴えているようなニュースになっている」

などといったことがネットの掲示板やブログに書かれるようになった。

   中島さんといえば11年4月に所属事務所が原因を明かにせず、長期休養を発表した。それまで激太りが話題になったほか、ブログの内容がネガティブに変わった、バラエティー番組であまり発言しなくなったなどと言われていた。ネットでは「精神的なストレスが溜まっていたのではないか」「更年期障害にちがいない」などと噂されたが、後の報道では、有名歌手との不倫騒動に巻き込まれた、とか、霊能者との付き合いが原因だとも書かれた。

   今回の「フラッシュ」記事には、霊能者一家が中島さんにパラサイト(寄生)していて、家賃を滞納している個人事務所に住んでいる、と説明している。また、週刊誌「女性セブン」(11年12月8日号)では、霊能者との付き合いは6年前からで中島さんは洗脳されているのではないかと書いている。

   心配した中島さんの母親がマンションを訪ねたのだが、霊能者が会わせてくれず、玄関のドア越しに、やっと中島さんの顔を見た程度だった。母親は中島さんのお金が無くなれば霊能者は離れていくはずだから早くお金がなくなってほしい、とコメントしたと書いている。

中島はこれで芸能界復帰の芽が詰まれた?

   本木さんの所属事務所メンズアートに今回の騒動について話を聞いてみると、週刊誌の記事やテレビのワイドショーでの表現が、まるで本木さんが中島さんの間にトラブルがあり、訴訟に発展したと勘違いされてもおかしくない状況になっている、と頭を抱えている。事務所によれば、本木さんと中島さんは面識がなく、マンションに入居したのも偶然で今も何の交流もない。訴訟の準備を進めているのは中島さんの入居を仲介した不動産管理会社や家賃保障会社なのだという。

   騒ぎが大きくなったため、本木さんがコメントを出すことになったとし、1枚のファックスを送ってきた。そこには

「やむを得ずこのような流れになっておりますが、早く事態が収まり、互いに楽になれるといいですね」

と書かれていた。

   中島さんに関してネットでは、長期休養に至るまでも仕事の現場で様々なトラブルがあったと噂されているし、今回の訴訟で芸能界復帰の芽は摘まれたのではないか、という意見が多く出ている。所属事務所の松竹芸能に今後の対応について聞いてみたが、

「個人のプライバシープライベートに関わる問題でもありますので、コメントは控えさせていただきたいと思います」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中