高校入試目前、被災地が抱える問題【宮城・石巻発】

印刷

   1月21日(土)、牡鹿中では7回目となる「ふんばるんば」を行い、6名のボランティアスタッフが参加しました。

   1週間前に比べ参加者も多く、和やかな雰囲気の中での勉強会でした。

news_p120829_1.jpg

   お互いに質問し教えあったりするなど、子ども達同士が刺激しあって勉強していました。

news_p120829_2.jpg

   使わせていただいている教室にも「卒業まであと○○日」と掲げられる時期になりました。 入試まで残された時間はわずかです。

   特に私立の入試は目前に迫ってきたため、過去問題を解いている生徒達も多かったのですが、質問に答えている中で難しい問題に直面しました。


   震災の影響で、授業が大変遅れており、本来この時期までに終えておくべき学習内容に、追いついていないということです。これは、牡鹿中に限らず、被災地多くの学校で抱えている問題だと聞きました。

news_p120829_3.jpg

   「まだ習っていないので、問題が解けない」というだけでなく、このことは受験に向かう子ども達には精神的にも大きな負担になっているのではないかと思います。


   家庭で勉強する環境もなかなか整わない中、授業も遅れており、本当にたくさんのハンディを抱えながらも子ども達は黙々とがんばっています。それを支える先生方も一生懸命です。


   午前中だけの勉強会はあっと言う間で、もっと時間が欲しいというのがスタッフの思いでした。

news_p120829_4.jpg

   先生からは、「いつも楽しみにしているんですよ」という嬉しい言葉を頂きました。勉強を教えるだけでなく、私達が通うことで子ども達を応援している気持ちも届けられたらと思います。

(ふんばろう東日本支援プロジェクト「学習支援プロジェクト」)



ふんばろう東日本支援プロジェクトの「学習支援プロジェクト」とは

ふんばろう東日本支援プロジェクトでは、震災によって大きく変化した子どもたちの学習環境において、学びをサポートする大学生・社会人の派遣、学習教材の提供などを通して、子どもたちの学びたい気持ちを伸ばし、未来を選んでいける力を育てるお手伝いをしています。中でも、震災の年に高校受験生という境遇にある中学3年生が、今年3月の受験まで精一杯学び、本番を迎えられるようサポートすることを大きな目的としています。
■学習支援プロジェクト ホームページ
 ⇒http://wallpaper.fumbaro.org/gakushu_support
■インターネット教材の無料提供による「中学生応援キャンペーン」実施中!
 ⇒http://wallpaper.fumbaro.org/gakushu_support/supportstudent
■1口3000円で子どもたちの未来をつなごう! 支援金はこちらから
 ⇒http://wallpaper.fumbaro.org/gakushu_support/donation

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中