橋下市長、4海外事務所を閉鎖方針 経費削減や「府との二重行政の解消」

印刷

   大阪市の海外事務所4か所について、橋下徹市長が「基本的にはいらない」と話している。ほかの政令指定都市をみると、「全廃」の市がある一方、新設したところもある。「現地の民間などへの業務委託」に切り替える例もある。

   橋下市長の廃止方針について、ネット上では「パフォーマンスだ」という批判も一部にあるが、概ね「確かにいらんな」と橋下市長へ賛同する声が多いようだ。橋下市長の方針に「理にかなっている」と理解を示す他自治体の職員もいた。

「外交は知事にやってもらう」

橋下市長が、「海外事務所の効果」に疑問を投げかけた。
橋下市長が、「海外事務所の効果」に疑問を投げかけた。

   橋下市長は2012年2月8日、大阪市の4海外事務所のうち、上海事務所を府の事務所と統合する考えを示した。

   市の上海事務所は現在、大阪府との「共同事務所」で、同じフロアを分けて使っている。市の上海事務所を「統合する」とは、「事実上の廃止」とも受け取れるが、はっきりしない部分も残る。

   橋下市長は、2011年末の市戦略会議で、「外交は知事にやってもらう」と、海外事務所の原則廃止を検討するよう事務方に指示していた。12年2月7日にも、「東京都も持っていないのに」「基本的にはいらない」と述べた。

   4海外事務所は、米シカゴ、シンガポール、パリ、上海にある。4事務所にかかる経費は、人件費を含め年間約2億円。職員を各1~2人派遣し、2人程度の現地スタッフも置いている。

   橋下市長は、海外事務所の「効果」に疑問を投げかけており、経費削減や「府との二重行政の解消」を目指している。

   橋下市長が指摘するように、東京都は、海外2か所にあった事務所を2000年に全廃しており、現在は米国や英国など10か所で「現地業務委託」として観光面のバックアップをしてもらっている。

   また、橋下市長が2011年まで知事だった大阪府では、橋下氏任期中に米国など4か所にあった府の海外事務所について上海を除き廃止にし、業務委託に切り替えた形だ。

名古屋市は全廃、福岡市は新設

   ほかの政令指定都市をみると、例えば名古屋市は、米ロサンゼルスやロンドン、クアラルンプール(マレーシア)の3海外事務所を2006年までにすべて閉鎖し、一部のエリアは業務委託にした。

   一方、福岡市は2010年に韓国・釜山に事務所を新設した。上海事務所に続き2か所目だ。新潟市も2007年に北京に新設している。

   自治体国際化協会の調べ(2011年8月現在)によると、海外に独自事務所を置いている市は、神戸市4か所(うち1か所は近く廃止予定)、横浜市2か所、北九州市2か所などだ。比較的最近では、中国に事務所を新設する自治体が目につく。

   大阪市以外のある市の国際交流担当者は、厳しい財政状況の中、橋下市長が進める「市の海外事務所廃止」について、「個人的には理にかなっていると思う」と話した。都道府県がもつ海外事務所との連携をうまく取れば、「市独自」にこだわる必要はないと考えるからだ。さらに、

「インターネットの普及で、海外との情報交換も容易になってきている」

という側面も指摘した。

   橋下市長の「廃止」の取り組みは、「単なるパフォーマンスではない」というわけだ。

   一方、大阪府や大阪市の行政関係者の一部では、「対面だからこそ築ける信頼関係もあるのに」と疑問の声も出ている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中