女優の遠野なぎこが「32歳の性」大公開 「男が大好き」「7股交際」にスタジオ唖然

印刷

   NHK連続テレビ小説「すずらん」のヒロインで知られる女優の遠野なぎこさん(32)がテレビ番組に出演し、「男の人が大好き」「7股交際したことがある」などと仰天トークを連発した。男性に対する情熱と潔い発言に、番組に同席していた俳優の成宮寛貴さん(29)から「カッコいいですね」と言葉が漏れた。

   遠野さんは09年5月に入籍したが、72日でスピード離婚した。離婚後はバラエティー番組に出演しては男性遍歴を赤裸々に告白してきた。このスピード離婚の原因も沢山の男性と遊びたかったからだという。

現在は5股をしていてうち2人は「補欠」です

   遠野さんが出演したのは12年2月12日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」。この日の放送のテーマは「話題の結婚と離婚の真相」だった。72日で2歳年下の会社員男性とスピード離婚した遠野さんだが、離婚届を出した翌日には新たな男性とデートしていたというエピソードが紹介された。そもそも結婚に興味はないし向いていないと思っている。たまたま男性に押し切られ結婚したが、婚姻届を書くと同時に離婚届も元夫に書かせていたのだという。

   離婚理由はというと、結婚したとたん他の男性が自分から離れて行ってしまったこと。番組で遠野さんは

「わたし男の人が大好きなんです。不特定多数の男性と遊びたい」

と語った。これまでの最高は7股交際で、現在は5股をしているという。5人の男性のうちお気に入りは3人で、残り2人は「補欠」。お気に入りが多忙な場合などに「補欠」に声をかけると言う。これは10代から続いている「習慣」なのだそうだ。

   一方で、7股や5股をかけていても「付き合っているわけではない」という。それは男性1人につきデートは3回までと決めているからだという。なぜかというと「それ以上は飽きるから」で、ドキドキする3回までを大切にしているそうだ。同時に多数の男性を股にかけるのは、常に男性が入れ替わっているからで、一定の数をキープしておかないとデートできなくなる可能性があるからだそうだ。

   男性をゲットする方法は、狙った男性に自分のメールアドレスを渡して「今度デートしてください」と申し込む。番組司会の宮迫博之さんに、男性からデートを断られることはないのか、と聞かれると

「イヤです(と言われること)なんて無いですよ」

と少しムッとした表情で返していた。

愛というものが何なのかわからない

   こうした一連の発言にスタジオはどよめき、今回の発言でお茶の間全体を敵に回した、と主張する出演者がいる一方で、成宮さんなどは

「一瞬えーっと思ったけれど、カッコいいですね。好感が持てます」

などと賛辞を送り感想は真っ二つに分かれていた。

   遠野さんは12年1月19日放送のフジテレビ系「ごきげんよう」にも登場していて、デートマニアであることを明かしている。一人の男性につきデートは3回まで、の発言に「愛はないのか?」と問われると、好きになることはあるが、愛というのは何を指していうのか分からない、などと答えていた。

   ネットのブログには今回の遠野さんのトーク内容について

「こんな生き方はドン引きというか呆れてしまう」

といったものや

「ここまで性癖についてストレートに発言する女優も珍しい」
「離婚ネタ芸能人となりバラエティに呼ばれるようになったのは本人にとってよかった」

などといった感想が出ている。

年収2000万円part1

   景気回復の影響で求人市場が活性化している。中でも注目されているのはヘッドハンティングだ。1000人以上のヘッドハンターが登録している「Bizreach」によると......続きを読む

PR 2016/3/16

McD

    牛肉100%、調味料や「つなぎ」も一切使用していない――。そんなマクドナルドの「ビーフパティ」をめぐり、ネット上で「マックのパティは牛肉の味がしない」などと懐疑的な声が漏れている......続きを読む

PR 2016/4/22

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
047
ん~ 2015/9/17 16:37

女性でここまでカミングアウトする人は珍しいけど、こういう病的性癖を持つ男で、しかもその性癖が変だし障害だということが分からずに公言してしまう勘違い男は割りと多いんじゃないか?

そういう人達は皆、何かが欠けて育ったんだろう。つうか、幼少時、本当の意味で愛情で満たされたことがないのかもね。ちゃんと治療すれば落ち着くのかな。

046
チハゲ 2015/8/14 21:45

大阪府泉南市在住のチハゲだ。今日の産経新聞の一面記事で「国際テロ情報組織を新設(4月発足 法人保護へ体制強化)」とあるが、日本政府が(国際テロ情報収集ユニット)と題して、本格的な対外情報組織を来年4月に発足させる事が昨日8/13日にわかり、次回の東京五輪・パラリンビックに備え、日本独自に対テロ情報を収集し、将来的に多岐にわたる情報を取り扱う大規模機関への格上げも視野に入れている。と同紙には記載されているが、外務省や内閣といった、一般庶民でない専門家や現地語が堪能な人材を配置する。とあるが、私が思うには、専門家にはそれなりの道があり、そこにはそこの独自の世界があり、一般庶民の私としては、毎日一生懸命、生きて活動するしかないと思う。

045
呆れちゃん 2014/7/ 1 14:23

もうこのオンナの事はテレビなどで放送しないで。すごく気持ち悪い。最近テレビ放送のレベルが、落ちてきているな!!

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

「1トンの肉を食べた男」が検証 マックの「ビーフ100%」は本当?

「何か別の肉を混ぜているのでは?」長年の疑惑に迫る!

ハイクラス転職 狙うなら今!

もっとも多くの敏腕ヘッドハンターが集まるサイトで、あなたキャリアをアピールしてください。

【最大賞金1万円】投稿クイズコンテスト

クイズ投稿サイト「トイダス」にクイズを投稿して賞金をゲット!

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中