2号機温度計が400度超えで振り切れ 東電は故障だと説明

印刷

   原子炉内の温度が上昇していた福島第1原発2号機について、東京電力は2012年2月13日、原子炉圧力容器の底にある温度計が記録上限の400度を超えて振り切れたことを明らかにした。

   ネット上では、これまでの経緯から不安視する声が相次いでいる。これに対し、東電では、温度計の電気回路の電気抵抗が通常より大きく、温度が高く出やすくなっているなどとして、温度計が故障していると説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中