橋下市長の「船中八策」に与野党批判 「街の声」は期待も込めて好意的

印刷

   大阪市の橋下徹市長が、次の衆院選の公約集「維新版・船中八策」の骨格を示した。憲法改正が必要な「首相公選制」などを盛り込んでいる。

   既成政党や政治記者からは、実現性に疑問を示す声が出る一方、テレビ情報番組では好意的な「街の声」も紹介された。もっとも、政策自体ではなく「橋下人気」現象に対しては、懸念を示す「街の声」もあった。

時事通信解説委員「ちょっと恥ずかしいような不完全なもの」

「船中八策」への反応は?
「船中八策」への反応は?

   橋下市長は2012年2月13日夜、大阪維新の会の非公開会議で「維新版・船中八策」の骨格を示した。今後、会の中で議論を詰め、2月末に公表する。

   「船中八策」は、幕末の志士、坂本龍馬が示したとされる、「大政奉還」など8項目の「新国家基本方針」だ。今回骨格が示された「維新版」はこれにちなみ、統治機構改革や憲法、教育改革など8つの柱で構成している。

   憲法改正が必要な首相公選制や「参議院を廃止し、地方自治体の首長が国会議員を兼務する新しい院の創設」などを盛り込んでいる。道州制導入も挙げている。

   翌2月14日、安住淳財務相は、「理想の話と、明日あさってどうするかが全く混在している」と「八策」について批判した。

   自民党の石原伸晃幹事長も14日、「言うのは簡単だが、憲法改正などのプロセスがないとなかなか成就はしない」と実現性に疑問を示した。「民主党のマニフェストよりひどい」と話す自民党参院議員もいる。

   14日放送の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)では、時事通信解説委員の田崎史郎氏が、憲法改正の必要がある主張が含まれており、「ハードルが高い」と指摘した。

   また、政策の達成期限や「数値」も盛り込まれていないとして、「マニフェスト(政権公約)と言うにはちょっと恥ずかしいような不完全なもの」と切って捨てた。

首相公選制「やってみる価値がある」と街の声

   もっとも、橋下市長は、現状のマニフェストのあり方には批判的だ。数値目標や政策を具体的に並べ過ぎており、政治家の裁量を縛っていると考えているようだ。

   朝日新聞の2月12日付朝刊インタビュー(オピニオン面)では、橋下市長は「選挙では国民に大きな方向性を示して訴える。ある種の白紙委任なんですよ」と述べている。

   14日の「朝ズバ」では、東京・新橋などの「街の声」も紹介した。新橋では、スーツ姿の男性が、「八策」にある「参院廃止」に賛成の考えを述べ、若い女性も「首相公選制」について、「やってみる価値がある」と話した。

   一方、橋下市長らの「言っていることが独走しないか」と懸念を示す眼鏡姿の男性もいた。

   テレビ朝日系の「モーニングバード!」(14日)では、「大阪府民30人」にきいた、「橋下市長の考え」への意見を伝えた。「支持する」が16人と最も多く、「支持しない」は4人。残る10人は「分からない」だった。

   さらに大阪市の「街の声」として、「首相公選制」を実現すれば「みんなの意見が反映するようになるかも」と話す20代女性や、橋下市長について「結果出している」「なんかやってくれへんかなあ」と漠然とした期待を持っている20代男性らの意見を伝えた。

   いずれにせよ、示されたのがまだ政策の「骨格」とあって、反応も印象論が多いようだ。

   インターネットのツイッターをみると、橋下市長の「八策」について、「賛成」との好意的意見や、「期日も数値も入ってない」という批判の声も寄せられている。

   2月末に発表される「維新版八策」は、どんな姿になるのか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中