薬師丸ひろ子を抜いた! 大躍進「NMB48」その魅力

印刷

   大阪・難波を拠点に活動するアイドルグループ・NMB48のCDが「爆売れ」していると話題になっている。

   AKB48とSKE48の先輩グループに迫る勢いで人気を伸ばしているNMB48だが、その魅力とはいったい何なのだろうか。

28万枚売り上げで2位氷川きよしに大差

   2012年2月8日にNMB48の3枚目のシングル「純情U-19(アンダーナインティーン)」が発売された(店頭には2月7日から並んだ)。収録曲と特典DVDの内容が異なる3タイプの「通常盤」と、DVDは付いていないが収録曲が多く、価格が安い「劇場盤」の4種類あり、通常盤にはさらに初回プレス限定封入特典として全国握手会の参加券とトレーディングカードを付けている。一部店舗ではCD購入者の中から抽選で「NMB48×Pocky!バレンタインオリジナルパッケージ」全種類セットのプレゼントも実施しており、まさに「AKB商法」といった盛り沢山の特典内容だ。

   曲は11年10月に発売された前作「オーマイガー!」の元気でかわいい王道アイドルソングという雰囲気とはうって変わって、「男性に誘われるが19歳まで純情を貫きたい」という内容のセクシーな歌詞だ。「鉄のパンツ」というフレーズが印象的で、メロディーも少し大人っぽさが感じられる。

   この「純情U-19」が、2月7日付のオリコンCDシングルデイリーランキングで1位を獲得した。推定売り上げ枚数は28万367枚で、2位の「櫻」(氷川きよし)の1万4154枚を大きく引き離している。

   これで11年7月に発売されたデビュー曲「絶滅黒髪少女」、「オーマイガー!」と3作連続でチャート1位を獲得した。女性アーティストがデビューから3作連続でシングル首位となるのは1968年のオリコンチャート発表開始以来初で、薬師丸ひろ子と沢尻エリカが打ち立てた2作連続1位の記録を破った。

   ちなみに「絶滅黒髪少女」は初日の売り上げが13万1654枚、「オーマイガー!」は17万2474枚で、急激に売り上げを伸ばしていることがわかる。

   先輩グループと比較すると、2012年2月発売の「GIVE ME FIVE!」(AKB48)は初日売り上げ約96万7000枚とまだ独走状態だが、12年1月発売の「片想いFinally」(SKE48)は約28万5000枚。NMB48の次回作で「SKE48超え」もありえる勢いだ。

「成長見守るのが楽しい」「関西ノリが味わえる」

   NMB48の人気の理由は何なのだろうか。インターネット上で多くあげられているのが「スター姫さがし太郎」という番組の存在である。

   2010年9月から11年9月までテレビ東京系列で放送されていたバラエティ番組で、NMB48のオーディションやレッスンに密着していた。これが「昔のASAYAN(モーニング娘。などを輩出したオーディション番組)っぽくて好き」「アイドルとしての成長を見守る楽しみがある」と評価されている。AKB48とSKE48にはオーディションから密着している番組はなく、NMB48ならではの楽しみ方だったといえる。

   また、ある個人ブログではグループの魅力を「メンバー全員、黒髪で関西出身ってことで1人1人一発ギャグを持ってます」「踊りにキレがある」と語っている。「Yahoo!知恵袋」に投稿された「NMB48の、AKB、SKE、SDNには無い、魅力はなんですか?」という質問に対しては「AKB48、SKE48と比べると平均年齢が14.7歳と若い分、伸びしろが期待できる」「ステージMCで関西人、関西弁のノリの良さが味わえる」という回答が寄せられた。さまざまな角度から楽しめることが多くのファン獲得につながっているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中