天皇陛下の心臓手術、無事終了

印刷

   天皇陛下の心臓の冠動脈バイパス手術が2012年2月18日午前から行われ、15時ごろに無事終了した。

   狭心症と診断された陛下は17日、東京・文京区の東大病院に入院。皇后さまもこの夜、病院に泊まった。18日の手術開始前には長女の黒田清子さんも病院を訪れ、皇后さまとともに手術室の前まで付き添ったという。

   順調に回復すれば、2週間ほどで退院できる見込みだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中