東京株式市場、約半年ぶり9500円台乗せ

印刷

   週明けの2012年2月20日の東京株式市場は一時9549円31銭をつけて、取引時間中としては11年8月4日以来約半年ぶりの水準となった。終値は前週末に比べて100円92銭高の9485円09銭だった。

   前週末に米ダウ工業株30種平均が45ドル高の1万2949ドルと、約3年9か月ぶりの高値を付けたことに加えて、アジアでも香港や上海の株式市場が高騰するなどの影響を受けた。

   ギリシャの金融支援への期待感や、中国人民銀行(中央銀行)が預金準備率を引き下げると発表したことが世界的な資金余剰への期待を高め、投資家心理を強気にした。日本株にとっては円相場が対ドル、対ユーロで大幅に下落したことが買いの材料になっている。

   トヨタや日産自動車、東芝、ソニー、パナソニック、キヤノンなど主力株、みずほフィナンシャルグループ、野村ホールディングス、第一生命などの金融株や鉄鋼株、総合商社などの上昇が目立った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中