NHK生放送でいきなり老人がブチ切れ 「放送事故」なのか、それとも…

印刷

   NHKの生放送番組で「放送事故があった!」とネットで騒ぎになっている。お店にレポーターが入ろうとしたところ、いきなりカメラの前に老人風の男性が現れ、ブチ切れて「なんでやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」と激しく怒鳴った。

   なごやかに進行していた番組だけに映像を見て衝撃を受けた人も多く、あの老人は何がしたかったのか、まさかNHKが仕掛けたドッキリでは、などと様々な疑問がネット上に出た。

テレビの前の視聴者を誘っているようにも見えた

   問題の番組は昼に生放送している「ひるブラ」で、2012年2月21日放送は「マニアが集う ディープ大阪」をテーマに、大阪日本橋にあるオタク系の店を訪ねた。この日のレポーターは野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の片岡安祐美さんと、吉田浩アナウンサーだった。

   2人は日本橋にある電子工作の店、やスィーツ店、コスプレメイクの店を訪ねた。途中からメイド喫茶のメイドさんや、地元の戦士ヒーロー「地球戦士ゼロス」なども登場し街を案内した。「ツンデレ」が売りのクレープ店では、吉田アナウンサーが頬を女性店員に思いっきり引っ叩かれる演出もあった。

   そして一行は「都会の真ん中でほっこりしたい」とし、温泉旅館風の「足湯」の店に向かった。入り口の扉を開き、女中さんの衣装を着た店員が見えたそのとき、70歳くらいに見える一人の男性がカメラの前に割り込んできた。

   画面に顔が大写しになった男性は、

「入ろ、ここ、なぁ、入ろ、ここ」

と店の中を指差した。一緒に来た友人に語りかけているようでもあり、カメラ目線だったため、テレビの前の視聴者を誘っているようにも見えた。そして横を向き、意味不明な言葉を発したあとにブチ切れて

「なんでやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

と大声で恫喝するように叫んだ。その一部始終が放送されることになってしまった。

   スタジオで進行役をしていた勝俣州和さんは、

「お客さんじゃないですか?」

などとつぶやいた。現場にいた吉田アナは誰に言うともなく「失礼しました」と謝っていた。

「なぜあれが起こったのかは不明」とNHK

   この放送を見て衝撃を受けた人も多くネットでは「放送事故だ!」などと大きな話題になった。ネットの掲示板やブログには、

「何も驚くことはない。大阪ではよくある風景」
「明らかに撮影してるのわかってるのに、知らない風を軽く装ってるのがおもしろい」

というものや、

「片岡が引き攣って固まっていたけど、それが可愛くて萌えポイント」

といった感想が出ている。また、大阪の人情を表現するために仕込みで役者を使ったが、失敗したのではないか、という意見もある。

   いったいなぜあのような「事故」が起こってしまったのか。NHK広報局に話を聞いてみると、いきなり男性がカメラの前に出てきたのだという。生放送中のためスタッフが男性に声を掛けたり、引っ張って移動させたりすることは出来ないため、男性の腕にチョン、チョンと触れて合図をしたところ、なぜかキレて、ああいうことになってしまった、と説明した。

   撮影場所の「足湯」は営業時間外だったため、客として男性が来たとは考えられないという。男性が叫んだ後、スタッフが声を掛けようとしたが、男性は直ぐに名前を名乗ることなく撮影現場から姿を消した。どこの誰かもわからず、なぜあのような行為をしたのかも不明のままだそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中