「iPad」の販売差し止め請求を退ける 上海の裁判所

印刷

   米アップルの「iPad」が商標権を侵害しているとして中国企業「唯冠科技」が販売差し止めを求めた裁判で、上海の裁判所は2012年2月20日、原告の訴えを退ける判決を言い渡した。複数のメディアが報じた。これにより、上海での販売中止は回避されることになる。

   しかし2011年12月には、広東省深センの裁判所が、「iPad」の商標権について唯冠科技の主張を認めており、アップルが上訴。2月29日から上級審での審理が行われることになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中