野田首相「辺野古が唯一、有効だ」 沖縄知事と会談

印刷

   野田佳彦首相は2012年2月27日、沖縄県庁で仲井真弘多知事と会談した。米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設問題について、仲井真知事は「辺野古(移設)はものすごく時間がかかる」などと県外移設を改めて要望した。一方、野田首相は「辺野古が唯一、有効だ」との認識を示し、会談は平行線に終わった。

   また野田首相は、「県外移設」をめぐる混乱について、「大変ご迷惑をかけた。知事はじめ県民に深くおわびしたい」と陳謝した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中