岩井志麻子さんも占い師に騙されていた 手口はオセロ中島の例に酷似している

印刷

   小説家の岩井志麻子さん(47)が、占い師にだまされたことがあるとテレビで明かした。

   ネット上では、その手口がオセロ中島知子さん(40)の共同生活者と酷似していると話題になっている。

同一人物であることは否定

Q&Aサイトでも質問が
Q&Aサイトでも質問が
「いろんな人間に会ってきましたけどねえ…もう本当にねえ…強烈なのに会った」

   2012年2月27日放送のフジテレビ系「笑っていいとも!」で、過激な下ネタで知られる岩井志麻子さんが、いきなりこう切り出した。

   岩井さんは、「ちょっと怪しい課外授業」のコーナーにゲスト講師として出演しており、テーマは「こんな人間は怪しい!」。それによると、岩井さんがだまされたとした占い師女性は、偶然を装って近づいてきた。

   占い師は、行きつけの中国マッサージ店に岩井さんのサインを見つけて張り込み、「ファンなんです。偶然ですね」と話しかけてきた。岩井さんのマンションに住んでいると称し、ことあるごとに芸能界との人脈を自慢した。パリコレモデルが彼氏だと主張し、ブラッド・ピットとジョニー・デップが自分の取り合いで決闘したこともあるとした。

   さらに、岩井さんと親しい人の悪口を言って、孤立させようとした。18歳年下の韓国人の夫については、「殺した女が幽霊でついてる」とさえ言ってのけたという。

   岩井さんは、「信じたあたしの方がどうかしてる」としたものの、大人が真顔でウソをつくわけがないなどと考え、毎日毎日言われるうちに信じるようになったと明かした。

   中島知子さんと共同生活中の40代占い師女性も、週刊誌などで酷似した手口が報じられている。このことから、ネット上では、岩井さんに近づいた占い師と同一人物ではないかとの声が出た。ただ、岩井さんは、ほかの出演者から「今話題の?」と聞かれると、何度も首を横に振って否定する素振りをみせている。

中島の占い師は複数の芸能人に接近

   中島知子さんと共同生活中の占い師女性は、それまでに何度もほかの芸能人に近づいていたと報じられている。

   週刊文春の2012年2月23日発売号によると、占い師は、ナインティナインの岡村隆史さん(41)も数回鑑定し、恋愛問題などをアドバイスしていた。このほか、好みのタイプというお笑い芸人男性を中島さんに紹介してもらって鑑定したほか、グラビアアイドルも鑑定してインテリア配置が当たっていると感心させていたという。

   岡村さんについては、本人もフライデーの24日発売号で、中島さんとお茶をしたときに1、2回占い師に会ったとインタビューに対して明かしている。ただ、霊能者だとは知らなかったといい、長期休養に関わってもいないとした。

   事情に詳しいある芸能関係者は、岩井志麻子さんに近づいた占い師とは違うとの見方を示したうえで、岡村さんのケースについてこう話す。

「岡村さんは、『変わった子がいる』と紹介されて、中島さんと同席のうえ2回ほど占い師と会ったそうですよ。長期休養前は、あまりいい精神状態ではなく、吉本興業の人からは、その言葉が状態を悪化させたとも聞きました」

   文春の記事では、占い師は、過去の週刊誌などで芸能人のことを下調べしたうえで、そのことを当てたふりをしていると指摘した。芸能関係者も、同様な見方を示している。

「統計学を応用してデータを持っていれば、予測もできるんですよ。引っかけの設問で神がかりなところをみせるので、芸能人でもはまってしまうんでしょうね。中島さんはまじめですし、事務所などが十分にフォローしなかったこともあって、占い師の言葉に思い詰めてしまったんでしょうね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中