ここ1週間で東日本に地震頻発 「近々大きいのが」と不安高まる

印刷

   首都圏でここ1週間のうちに地震が頻発し、直下型大地震の前触れではなどと、ネット上で不安の声が相次いでいる。根拠がない怪情報も出回っているようで、デマには注意する必要がありそうだ。

「このところ、また多いので怖いです」

震度3以上を観測した地震が8回

   2012年3月1日朝、茨城県沖を震源に、東海第2原発のある茨城・東海村で震度5弱、東京23区でも震度3の揺れを観測した。2012年3月2日のTBS系「朝ズバ!」では、地震を受けて、こんな主婦らの声を紹介していた。

   地震頻発を特集した「朝ズバ!」によると、東日本では、ここ1週間で震度3以上を観測した地震が8回もあった。福島県から茨城県の陸域で余震活動が続いており、マグニチュード(M)は4.2~5.8。1年前の震災以来、M5.0以上の余震は減っていたが、12年に入ってじわじわと増え始めている。

   地震頻発を受けて、ネット上では、盛んに情報交換が行われている。ツイッターを見てみると、様々な怪情報が飛び交っていた。

   1日の前後には、「断層系の地震雲も出てる」といったつぶやきが多かった。また、「地震前は電波が強くなる」というのをテレビで知ったとし、都内在住者にチューニングで千葉テレビが見られるかどうかを聞くケースがあった。中には、霊感の強い知人女性から「今月また大きめの地震があるから注意して」と言われたといったツイートもあった。

   放射能への恐怖も、依然強く残っているようだ。

   地震後に福島第1原発を映しているライブカメラから煙が見えたとの報告もされ、「向こう一週間は雨に打たれないように注意しないと…」などと不安を訴えるツイートが相次いだ。最も強く揺れたのが東海村だったことから、東海第2原発に放射能漏れが見つかって首都圏の放射線量が高くなっているのでは、との憶測も出た。中には、「地下に潜った燃料と水が反応して起きている」と、原発事故と地震を結びつけようとする主張もみられた。

原発からの煙「どうやら霧のよう」

   もっとも、東電などは、異常はなかったと発表しており、原発からの煙についても、「どうやら霧のようです」などとツイッターで報告されている。

   とはいえ、近いうちに大地震が起きる危険がないとは断言できないようだ。

   東京湾北部の地震で、都心部では想定外の震度7の揺れが起きる可能性を文科省の研究チームが指摘した、との報道も出ている。

   原発の安全性についても、未知数の部分がある。

   東海第2原発の周辺では、2つの活断層が連動している可能性があると2012年2月29日に日本原子力発電などから経産省に報告されたためだ。

   テレ朝系で3月2日放送の「モーニングバード!」では、島村英紀武蔵野学院大教授が、「連動するということになると、今まで想定している地震よりずっと大きな地震が起きうる」と警告した。ここ1週間頻発している地震は、余震レベルを超えて震源が陸に上がってきているともいうのだ。そして、想定を超えた大地震に備え、原発のストレステスト基準値を見直す必要もあるとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中