ソフト会社社長ら「架空増資」の疑いで逮捕 中国企業「裏口上場」か

印刷

   東京地検特捜部は2012年3月6日、東京都内のソフトウエア会社、セラーテムテクノロジー社長の池田修容疑者(38)、元同社取締役の宮永浩明容疑者(46)、同社取締役の藤本秀一容疑者(41)の3人を、商品取引法違反(偽計)の疑いで逮捕した。

   セラーテムはジャスダックに上場している。調べによると池田容疑者らは2009年11月、中国のソフト開発企業「北京誠信能環科技」を子会社化する際に、英領バージン諸島の投資ファンドを割当先とした約15億円の第三者割当増資を行ったと発表したが、これが虚偽だったとの疑いがもたれている。

   複数の報道によると、子会社化であるはずの中国企業がセラーテムの経営を掌握、中国企業が国内の上場企業を事実上支配しているという「裏口上場」だったのではないかと見られている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中