「ブラマヨ」吉田はいつツイッター辞めるの? 終了宣言したのに続ける理由

印刷

   お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬さん(38)が自分は「ツイッター」に向いていないとして、「辞めます」と宣言した。しかし、その後もツイートを続けていて、ネットでは「辞めるんならきっぱり辞めろ!」などと批判が出ている。

   吉田さんは2010年7月から「ツイッター」を始め、「5年前に遊んだ女性と居酒屋で会った」など実生活を報告する内容が受け、フォロアーが41万人を超える人気になっている。「ツイッター」をする理由を、応援してくれる人への感謝だと書いていた。

国政選挙に立候補してから批判をして欲しい

   吉田さんは2012年3月17日に政治家批判を「ツイッター」で展開した。予算の使い方がメチャクチャだから、日本の借金が増えてしまった、とし、「俺に(政治家を)やらせろや」と何度も吼えた。すると「あなたに何が出来る!?」「お前じゃ無理だ!」といったリツイートが来た。吉田さんは、批判は勘弁して欲しい、本当に立候補したら言ってくれ、などと返した直後に

「ちょっとツイッターは俺にむいてないですね。ノーギャラでやるような事じゃない。辞めます」

と終了宣言をした。ファンは続けて欲しいと吉田さんに懇願。吉田さんはそれでも

「でももう辞める言うたからなぁ」

と書き、この終了宣言は一気にネットを駆け巡った。しかし18日以降、何も無かったようにつぶやきは続いている。最新のつぶやきは明太子3本入りのパックを2つ買った、などと報告している。

ツイッター辞める有名人のそれぞれの事情

   ネットでは辞めずに続けてくれて嬉しい、という意見と、辞めると言ったのだから約束を守るべきだ、という意見に真っ二つに分かれている。また、フォロアーから嫌なことを書き込まれたショックで辞めたいのなら、悪口に対する耐性を付けてから再開すべき、という意見も出ている。

   過去に「ツイッター」を辞めた有名人はエイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人さん、佐賀県知事の古川康さん、声優の明坂聡美さんなど多数いる。多くは批判のツイートが多数寄せられ「炎上」したのが原因だが、明坂さんは

「真面目に書いても叩かれ、気楽に書いても叩かれる。 暇つぶしと言いながら、その場のノリで呟いた事に暴言を吐く人もいる」

と辞めた理由を述べている。作家の水嶋ヒロさんは昨年4月に更新をストップした。処女作「KAGEROU」への酷評が集中したからだと噂されたが、同年9月からは更新を再開している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中