読売vs朝日に新たな展開 次のターゲットは清武氏?

印刷

   プロ野球巨人が、業界内で取り決めた「最高標準額」を上回る計36億円を選手に支払っていたとされる問題で、風向きが変わりつつある。

   当初は読売側は、この問題を大々的に報じた朝日新聞を批判する論調だったが、ここに来て、その矛先が変わりつつある。新たなターゲットは「あの人」だ。

2日連続で社会面トップにプロ野球問題

読売新聞は清武氏への批判を強めている
読売新聞は清武氏への批判を強めている

   読売新聞朝刊(東京14版)の社会面トップには、2012年3月18日と19日の2日連続してプロ野球関連のニュースが掲載されている。3月18日の紙面では、「『内部資料』誰が裏付け」と題して、朝日が記事の根拠とする「内部資料」を誰が流出させ、信ぴょう性をどのようにして確認したかについて検証を試みている。

   記事では、この「内部資料」にアクセスすることが可能だったとみられる過去の球団社長、代表、経理部長への接触を試みているが、資料の漏えいを認める人はいなかった。例えば、11年11月に球団代表を解任された清武英利氏は

「弁護士事務所を通してください」

などとしてコメントしなかったという。

   翌3月19日の紙面では、

   「球界の契約情報暴露」「清武氏の著書に怒り噴出」

という見出しの記事で清武氏が登場している。記事は、3月16日に発売された清武氏の著書「巨魁」(きょかい、ワック)を批判したもの。

   著書では、「某球団の極秘文書」だとして、

「契約金1億円 インセンティブ2億~2億5000万円(本人と調整中) 4~5年後メジャー挑戦の確約(本人と調整中)」

と交渉の内容を暴露しており、読売の記事では

「球団トップが、スカウトが集めた重要な情報を外に出すことが許されるなら、我々はアマや関係者の信用を失ってしまう」

と、他球団の中堅スカウトが怒りの声を紹介している。

巨人軍、清武コメントを「真っ赤なウソ」と批判

   また、この読売記事では問題視されていないが、清武氏の著書では、渡辺恒雄氏の

「君らは、俺がもうすぐ死ぬ、と思っているんだろう。しかしだなァ、ろうそくは、火が消える直前が一番明るいんだっ!」

といった発言も暴露されており、昨年末からの対立が再燃、さらに読売側が反発を強める可能性もある。

   なお、この2つの記事が掲載される間にも、読売新聞と清武氏をめぐる問題が、読売、朝日以外で報じられている。

   共同通信が清武氏にインタビューし、3月18日、

「僕は編成本部を仕切っていたわけだから(過去の契約の)資料は回ってこない」

という発言を報じた。清武氏が内部文書の流出への関与を否定した形だ。

   これに対して巨人軍は、直後に反論コメントを発表。

「選手との契約書類に調印するのは代表であり、つまり、契約書類の末尾には代表と選手の印鑑が押される」
「毎年、契約更改の時になると、代表は各選手との交渉に臨むため、過去の契約書類等の写しを経理部長から取り寄せたり、出来高払いの支払い状況を報告させたりしえ、交渉に必要な事項を確認する」

といったことを根拠に、清武氏のコメントは「真っ赤なウソである」と断じている。

   19日朝刊では産経新聞も清武氏にインタビューした内容を報道したが、それについても巨人は抗議、読売はその内容を同日夕刊で報じている。

   ごく最近の動きを見ると、事態は朝日vs巨人・読売の対立から、巨人・読売vs清武氏へとウエートが移りつつあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中