東電社長、料金値上げの混乱を謝罪

印刷

   東京電力が2012年4月から予定していた企業向け電気料金の値上げをめぐる混乱について、東京電力の西沢俊夫社長は3月21日、4月以降に契約更改を迎える顧客への説明が不足していたとして、「説明不足や言葉足らずがあり、皆様におわび申し上げたい」と陳謝した。

   企業の契約期間が切れるまで現行の電気料金を継続する方針を表明。対象企業に再度連絡をとって「契約期間中は一方的な値上げをしない」など、正確な情報を提供する考えを示した。

   企業向け電気料金の契約期間は原則1年間。東電が今回改善策を示した対象顧客は小口全体の75%にあたる約17万件だった。このうち4月1日からの値上げが予定されるのは約6万件。東電は2月初旬に電気料金引き上げを説明した資料を郵送し、異論がない場合は4月からすべての顧客の値上げを実施する意向だった。

   しかし、4月以降に契約満了を迎える顧客には、現行(値上げ前)料金を継続できるにもかかわらず、積極的には説明していなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中