ガソリン急騰、3年5か月ぶり高値

印刷

   石油情報センターが2012年3月22日に発表したレギュラーガソリンの全国の店頭平均価格は前週比3円高の1リットル155.6円で、リーマンショック後の08年10月以来、3年5か月ぶりの高値となった。値上がりは5週連続。イラン情勢が緊迫し、原油価格が高騰していることが原因。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中