西原理恵子がMX「5時に夢中!」クビ 高須クリニックが激怒、スポンサー降りた

印刷

   美容整形・美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(67)が、「TOKYO MXテレビのスポンサーは絶対にやらない!」と激怒している。

   きっかけは漫画家・西原理恵子さん(47)が、MXのテレビ番組「5時に夢中!」で不適切な単語を使ったとしてクビを言い渡されたからだ。高須クリニックは同番組が有名になる前からスポンサーとして支え、高須院長と西原さんは準レギュラーとして出演していた。

「不適切発言は、ど、どれ?」と中瀬ゆかり

   問題の発言があったのは、2012年3月15日(木)放送の、単行本の装丁を競うコーナー。2冊のうちどちらが優れているかの感想で、西原さんは表紙にある牡丹の花を女性性器のようだと隠語で語った。番組の最後に司会の逸見太郎さんが不適切な発言があったと謝罪した。

   出演していた新潮社の中瀬ゆかりさんは「(不適切発言は)ど、どれ?」と驚いた。この番組は「本音トーク」が売りで、特に木曜日は下ネタオンパレード状態になっている。アシスタントの内藤聡子さんは中瀬さんの質問に「その辺は別に…」と笑顔で答えていた。

   いつも通りの展開で終了したかに思われたが、急変したのは3月23日付けの西原さんのブログだった。西原さんはこう書いた。

「今、連絡あってMXテレビもう出てくれるなってー。やだ首になったーん。先週かなんかの×××(原文はそのまま)発言がいけなかったんだって。MXの上層部が怒ってるんだって」

   そして、高須院長が明日からスポンサーを降りると言っていて、思いとどまらせているけれども無理っぽい、と木曜レギュラーの中瀬さん、作家の岩井志麻子さんに謝った。

   西原さん、中瀬さん、岩井さん3人は親しい関係で、高須院長はなぜか西原さんを「教祖様」と仰いている。高須院長にとっては、西原さんは同番組でのパートナーのような関係で、番組では10年7月から1年以上にわたり、高須院長が海外支援をするドキュメントに同行した。

   高須院長はこれを受け、12年3月24日付けの自身のブログで、西原さんが首になったことを新聞記事で知ったとし

「MXテレビスポンサーやめることにした。『来週木曜の五時に夢中のスポンサー料は支払いずみですが』と広告代理店。『そのままでいいから、スポンサー表示とCMは消しなさい』と厳命。バイバイMX上層部の方々」

と綴った。26日付けのブログでもこの問題に触れていて、26日分の放送からスポンサー名を消すように申し出ていたが、間に合わなかった、などと書いている。

そういう局だったという事が分かった

   高須クリニック広報に話を聞いてみたところ、「MXのスポンサーは絶対にやらない!」と院長は激怒しているのだという。西原さんの問題発言があった時に院長もその場にいたが、違和感はなくいつも通りに番組は終了したと思っていた。

   この番組は過激なトークとシモネタが特徴のため、事前にNGワードの説明は無かったし、仮に不適切な単語が出ても、これまでは注意で済まされてきたはず。それが今回はピンポイントで西原さんに上層部が攻撃してきた。

「今まで番組に貢献してきた人に対し、話し合いの場も持たず、いきなりクビを宣告するのはあまりに理不尽。そういう局だったんだ、という事が分かったし、ならばこれ以上お付き合いをする道理が無い」

と院長は語っているという。

   この「事件」は夕刊紙などでも報じられ、大手スポンサーが降りたことで「5時に夢中!が存亡の危機」と報じているところもある。ネットでも話題になっていて、「ああいう番組なのでは?」「だったらサイバラを最初から使うな」と西原さんのクビに首をかしげる人が多い。TOKYO MXに今回の「事件」について問い合わせてみたが

「調査中であり、お答えできるコメントは持ち合わせていません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中