東電、1兆円の資本注入を申請

印刷

   東京電力は、政府の原子力損害賠償支援機構に対して1兆円の資本注入を申請した。資本注入されれば政府の公的管理となる。

   東電が資本注入を求められたのは、今後原発の廃炉費用が膨らむことや、原発停止による火力発電の燃料費が急増しているため。2012年3月29日に東電本店で会見した西沢俊夫社長は、資本注入の申請について「経営状況が厳しいなか、いろいろと手を尽くしたがこうした事態に至ってしまった。今後も経営合理化を徹底していく」と強調した。

   福島第一原子力発電所の事故に伴う賠償支払いのため、約8459億円の追加支援も要請した。

   一方、資本注入などを受けるには枝野幸男経済産業相から「総合特別事業計画」の認定を受ける必要がある。東電と同機構は、事業計画を3月末までに枝野経産相に提出する予定だったが、勝俣恒久会長の後任人事が難航していることもあり、「資金援助」を先行させ、事業計画は4月半ばまでに提出することにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中