「グラウンドでボール蹴っている」 澤穂希選手順調に回復の兆し

印刷

   なでしこジャパンの澤穂希選手(33)は、めまい症の症状を訴えてから1か月経ってもまだ試合に出場できないでいる。すでに回復していてもおかしくないころというが、夏のロンドン五輪に本当に間に合うのだろうか。

   なでしこが五輪2連覇中のアメリカと対戦した2012年4月1日の国際親善試合は、1対1のドローに終わった。しかし、若い選手らが活躍し、澤穂希選手なくしても、ほぼ互角に戦った。

治すには、むしろ運動する方がいい

   スポーツ紙などによると、澤選手は、アルガルベ杯アメリカ戦前日の3月4日にはっきりと症状が出た。診断された「良性発作性頭位めまい症」は、1、2週間から長くて1か月で完治するとされる。ところが、1か月経った後の国際親善試合にも出場できなかった。

   所属するINAC神戸の練習に久しぶりで参加した14日は、チームとは別メニューのウォーキングを15分ほどこなしただけ。澤選手は会見で、1日1日よくなっていると強調したものの、「今も下を向いたり、ある方向を向くとクラッときたりする」と不安を訴えた。ほおがこけ、顔色も悪かったとの報道もある。あるスポーツ紙は、外傷がきっかけで今後ヘディングができない可能性を澤選手がほのめかしたとさえ書いた。

   このめまい症は、耳石器の耳石がはがれ落ちて、耳の三半規管に入って異常を起こす。疲労やストレス、年齢のほかに、頭を強くぶつけることも原因になるとされる。澤選手の場合は、ヘディングしたり、他の選手と衝突したりして発症したのでは、との見方もあるようだ。

   治すには、むしろ頭を動かしたり、運動したりする方がいいとされる。それなのに、澤選手が練習にも満足に参加できないのはなぜなのか。

開幕する15日の大阪高槻戦に向けて調整

   INAC神戸の広報担当者は、取材に対し、病院などから、治すにはむしろ、めまいを起こして、耳石を砕いてなくすことがいいと聞いていると認めた。そして、澤選手が積極的に体を動かすことで、順調に回復していることを明らかにした。

「澤は、もうグラウンドでボールを蹴っていますよ。まだ別メニューですが、チームにそろそろ合流してもよい状態にはなっています」

   いつごろ練習に参加できるかは本人次第としたものの、なでしこリーグが開幕する2012年4月15日の大阪高槻戦に向けて調整しているとした。

   外傷やより重いメニエール病などの可能性については、「いろいろな検査をして、めまい症以外は異常がないことが分かりました」と否定している。めまい症は、治れば後遺症の心配はないと聞いたともいう。

   夏のロンドン五輪に間に合うかについては、「こちらからは何とも言えません」と話すに留まった。

   澤選手の所属事務所メイブリーズでも、「澤は回復に向かっており、今はできる範囲でトレーニングしています。練習や試合に参加できるメドについては、特にお答えしていません」としている。

   発作性のめまい症は、再発しやすいともされ、5~10年で20~30%の再発リスクがあるとされる。それだけに、澤選手が再発せずにロンドン五輪で大活躍してほしいと願う声がファンらから出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中