国民新の6人、亀井代表を「解任」 2人は「無効」と反発

印刷

   国民新党の連立維持派、自見庄三郎・郵政改革担当相らは2012年4月5日夜、会見を開き、「議員総会」の結果、連立解消派の亀井静香代表と亀井亜紀子政調会長を解任し、自見氏を「新代表」に選出したと発表した。「維持派」は6人で「多数派」だ。

   一方、亀井亜紀子参院議員は5日夜の会見で、「クーデターだ」と維持派を批判した。党則上の問題点を指摘し、解任を決めた議員総会は無効だとも主張した。党則では、議員総会や代表解任に関する明文規定がなく、双方が異なった解釈をしている形だ。朝日新聞によると、静香氏は5日、取材に対し「私が代表であることに変わりはない」と答えており、解任を認めない構えだ。

   連立維持派は4月6日、政治資金規正法上の代表変更について、東京選挙管理委員会を通じて総務相に届け出た。民主党に対し、野田佳彦首相と「新代表」自見氏の「党首会談」を行うよう要請している。連立維持の確認をアピールする狙いがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中