橋下大阪市長ウォッチ
「僕はしつこい性格なのでね」 朝日新聞「論説委員室」へ反論、翌日も続ける

印刷

   「僕はしつこい性格なのでね」。橋下徹大阪市長は、ツイッターでこうつぶやき、朝日新聞夕刊の論説委員室コラムへの反論を前日に引き続き、再開した。

   夕刊が出た当日夜に、ときに別テーマに触れながら、2時間弱ほどの間に40ツイート近く(1ツイート140字以内)の批判を展開した。翌日の朝になっても、「まだ続き」として、関連ツイートだけでも15ツイート以上書き込んだ。

「まだ続き」

橋下市長が2日連続で反論を展開している。
橋下市長が2日連続で反論を展開している。
「朝日の恵村さん、僕はしつこい性格なのでね。まだ続き。民主党が政権交代選挙で言ったことを簡単に訂正させちゃだめなんですよ。これが中長期的に民主主義を強くする。マニフェストがおかしかったのであれば、政権を獲得したのと同じエネルギーを費やさせて変更させなければならない」

   2012年4月7日朝、橋下市長はツイッターで、6日の朝日夕刊「窓 論説委員室から」の恵村順一郎氏に対する反論を再び始めた。

   経緯は、J-CASTニュースが6日配信した「橋下大阪市長ウォッチ」で紹介したように、まずは朝日新聞が社説(4月4日付)で、消費税増税に反対する小沢一郎・民主党元代表について、「党内民主主義に従うべきだ」と批判した。

   すると、橋下市長は4日深夜からのツイッターで、小沢元代表を擁護し、朝日新聞に対し「狂っている」などと批判した。党内民主主義よりも、選挙におけるマニフェスト違反の方が重要な問題だとして、小沢元代表の方に「理があるのは明らか」と指摘した。

朝日夕刊「それが党内民主主義だ」

   これに対し、6日の朝日夕刊では、

「民主党でも大阪維新の会でも、党員なら政党として手順を踏んで決めた結論には従う。それが党内民主主義だ」

と党内民主主義や報道機関などによるチェックの重要性を指摘し、「橋下さん、これでも朝日は狂っていますか」と問いかけた。そして、橋下市長が6日夜にツイッターで反論し、7日に反論再開という流れだ。

   橋下市長の7日のツイッターの一部を紹介すると、

(8ツイート略)「それをいとも簡単にマニフェストの根幹部分の変更を認めたら、もう選挙前の政策討論なんて何の意味もなくなりますよ。こんな風潮だからいつまで経っても日本の政治は強くならない。そこまでのマニフェストなら、野党も反対のための反対にならない。選挙で勝ったマニフェストをまずは尊重する」(以降5ツイート以上略)

などと主張を展開している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中