お花見のニュースに「津波被害」画像 テレ朝報道番組でトンデモ「放送事故」

印刷

   テレビ朝日系のニュース番組でとんでもない「放送事故」があった、とネットで騒ぎになっている。

   東京上野で桜が満開になり、過去最高の21万5000人の人出になった、と伝えたのだが、画面に出たのは2011年の東日本大震災の津波被害映像だったというのだ。

画像の後には「カンパーイ!」の声が響いた

   問題のニュース番組は2012年4月7日放送の「ANNスーパーJチャンネル」。市川寛子アナウンサーが、

「桜が満開になった直後の週末、上野公園では午後5時現在、過去最高の21万5000人の人出になりました」

と伝える間、ずっと背面に出ていたのは、街が土砂で埋まり自動車が流されているおどろおどろしい画像。ネットでは、宮城県多賀城市の津波被害の様子ではないのか、などとして騒然となった。

   映像が切り替わると、上野の花見で盛り上がる大勢の人たちが映り「カンパーイ!!」の声を響かせていた。11年は大震災の影響で花見を自粛する人が多く、その反動で今年は過去最高の人出になっている、などと説明があった。

「冒頭で違う映像が出てしまいました」

   ネットでは、いったい何を間違えばこのような展開になってしまうのか、などと怒りが噴出し、

「まるで上野で21万人が被災したような感じ・・・」
「リアルタイムで見たけど、自分の目がおかしくなったのかと不安になったよ」

などといった非難の声が上がった。

   もちろん、このニュースの最後には、山口豊アナウンサーが

「今のニュースの冒頭で、違う映像が出てしまいました。大変失礼しました」

と謝った。では、どうしてこんな映像が出てしまったのだろうか。同局広報に問い合わせてみたが、

「放送の中でしっかり説明させていただいております」

という回答だけだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中