ANAが国内線サービス一新 「豪華路線」でLCCと差別化ねらう

印刷

   全日空(ANA)は2012年4月11日、国内線向けの機内サービスを6月1日から一新すると発表した。1機あたり4億円かけて新型座席を順次導入するほか、機内食のメニューも新しくする。伊東信一郎社長は

「フルサービスキャリアとして、これまで以上に満足いただけけるサービスに磨き上げたい」

と、格安航空会社(LCC)の台頭を念頭に、「豪華さ」で差別化を図りたい考えを協調した。ANAが国内線サービスを一新するのは、上級クラスの「プレミアムクラス」は4年ぶりで、普通席では6年半ぶり。

ミシュラン三つ星店がメニューを監修

新型プレミアムシートに腰掛ける伊東信一郎社長。テーブル上は新機内食「プレミアム御膳」。右奥は新普通席シート
新型プレミアムシートに腰掛ける伊東信一郎社長。テーブル上は新機内食「プレミアム御膳」。右奥は新普通席シート

   プレミアムクラスでは、機内食の名前を、朝食、昼食、夕食の時間帯については「プレミアム御膳」(Premium GOZEN)、それ以外の中間時間帯を「プレミアム茶房」(Premium SABO)と改める。「プレミアム御膳」は、ミシュランガイドで5年連続の三つ星を獲得した「銀座 小十」と3年連続で二つ星を獲得した「祇園 さヽ木」が監修。「プレミアム茶房」については、マンダリンオリエンタル東京が監修する。羽田、伊丹、札幌、福岡を出発する便が対象だ。これまでは多頻度利用者のみが利用できたラウンジも、改修してプレミアムクラス利用者に開放していく。

   新座席も順次導入。プレミアムクラスでは本革を採用し、リクライニングの角度も118度から130度に拡大した。テーブル面積は30%広がった上、USBの充電ポートとPC電源を備えるなど、作業スペースとしての利便性も向上した。

   普通席では、従来はスターバックスのコーヒーを有料で提供してきたが、6月からはアートコーヒーと共同開発したドリップコーヒーを無料で提供する。有料メニュー「ANAマイチョイス」も継続する。座席は背もたれが薄くなった分、前の座席との間隔が広がった。

ミャンマーに定期路線再開も

   なお、ANAは発表会に先だって行われた定例会見で、12年ぶりにミャンマーへの定期便を再開することを明らかにした。成田-ヤンゴン線を想定している。

   伊東社長は

「ミャンマーに飛ぶ際はバンコクで乗り継いでいたが、『予約が取れない』という声も多かった。そうした声に応えたい」

と話し、ビジネス需要に期待を込めた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中