JR山手線車掌「クソタクシーこら!」 運転手の顔さらし暴言ツイートが物議

印刷

   JR山手線の男性車掌が、トラブルのあったとみられるタクシー運転手の顔をツイッターで晒して暴言を吐いていたことが分かった。このほか、乗客の顔が分かる電車内の写真も載せており、JR東日本は乗務中のツイートなのかなどの事実関係を調べている。

   マスクをしているものの、タクシー運転手の顔ははっきり写っている。男性車掌は2012年2月18日未明、乗客を降ろそうとするタクシーの写真をツイッターにアップし、「クソタクシーこら!」と叫んだ。ナンバープレートの写った写真もアップした。

AKB高橋みなみの車内放送もツイート

ナンバープレートも暴露
ナンバープレートも暴露

   前後のツイートを見ると、東京・六本木のレストラン・バーに寄った後、このタクシーと何らかのトラブルがあったらしい。続いて、「友人を使い捨てにして約束を守らない奴、クソタクシー。形態は違うけど旅客輸送業界としてマジでムカついたわ」と、2つあったという出来事に不満をぶちまけている。

   この車掌はツイッターのプロフィール欄で、昼は車掌をしており、夜はDJを趣味でしていることを明かしている。そして、ブログでは、JR東日本に03年に入社し、05年から山手線の車掌になったとしていた。ネット上では、車掌のケース以外でも、顔写真を載せて暴言を吐くような行為が度々非難の的になっており、今回の行為についても批判が出ている。

   車掌については、ほかのツイートにも疑問の声が出ている。

   電車内にあったAKB48の吊り広告を周囲の乗客の顔が見えるように撮られた写真を、3月17日朝にツイッター上にアップしていた。その6分前には、山手線に乗っており、車内放送をしたAKBの高橋みなみさん(21)に仕事を奪われたと明かしている。もちろん、すぐに休憩時間に入ったこともありえるが、乗務中にツイートしていた可能性も指摘されている。

   また、「中目でナンパしに行こう!」「オナニーして寝るわ!」と2月7日につぶやいたり、卑わいなことを連想させる写真を載せたりするなどしていた。

車掌「乗務中にツイートしてない」

   男性車掌は、ツイッターでは、利用者の役に立つようにと、山手線などの運行情報や仕事中の出来事などを頻繁につぶやいていた。ブログのプロフィール欄では、東京マラソンの参加者を激励する粋な車内アナウンスをしたことが09年4月7日付の産経新聞に読者の声として投稿されたことを紹介し、「フリースタイル車掌」と称していた。度々、話題を提供したり、意見を言ったりしており、ツイッター界ではちょっと知られた存在だったようだ。

   ツイートについて、この車掌は2012年3月15日、乗務中にしているのではないかと、JR東日本に通報があったことを明らかにした。そのうえで、「全て勤務時間外や休憩時間を活用しており、くれぐれも乗務中には決してツイートするような事はありません」と強調した。そして、「こうやって通報されてしまうと会社から『プライベートでもTwitterやブログ禁止』と言われかねません」と不満をぶつけた。

   しかし、22日でツイッターを非公開にし、「JRとは関係ありません」と弁明した。

   JR東日本の広報部では、取材に対し、山手線の車掌であることを認めたうえで、一連のツイートに遺憾の意を表した。

「ツイートを見られた方には、ご不快な思いをさせてしまい、申し訳ないと思っています。社内の極秘情報が漏れたことは確認していませんが、業務上知り得た情報を公開するのは望ましくないと考えています。ソーシャルメディアの利用については、これまでも社員に指導・教育をしてきましたが、今後はそれを徹底していきます」

   車掌が乗務中にツイートしていたかどうかについては、現在調査中だとして、社内的な処分も決めていないとしている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中