1~3月期のビール類出荷、0.8%増 テコ入れが奏功

印刷

   2012年1~3月期のビール系飲料の課税済み出荷量は、8621万ケース(1ケースは大瓶20本換算)と前年同期に比べて0.8%増えた。ビール大手5社が4月11日に発表した。

   同期間のプラスは2007年以来、5年ぶり。東日本大震災で工場が被災した昨年3月の反動があったが、震災の影響がない2010年1~3月期と比べても0.1%増えた。

   酒類別の出荷量では、ビールが前年同期比で2.5%増。新商品の投入や既存商品の刷新と、テコ入れが功を奏した。第3のビールも同2.9%増。発泡酒は同8.8%減だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中