金正恩初演説の「声」と仕草 祖父金日成そっくりを演出

印刷

   北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党第1書記が、公の場で演説を初めて披露した。祖父で「建国の父」である故金日成主席と「声がそっくり」と指摘されたが、演説しながら体を左右に揺らす仕草については見方が分かれた。

   「落ち着きがなく、不安感が表に出た」と批判的な見方が出る一方、この動作も「祖父、日成氏とそっくり」との指摘もある。正恩氏が「体を揺らしながら」話したのは、演説として失敗だったのか、それとも「建国の父」を連想させるため、「作戦成功」だったのか。

「声真似るため高度な訓練した結果」

正恩氏は、顔も金主席に似ていると言われる(朝鮮中央テレビより)。
正恩氏は、顔も金主席に似ていると言われる(朝鮮中央テレビより)。

   29歳とされる正恩氏が、祖父の日成氏のカリスマ性に頼るイメージ戦略を展開していることは、広く知られている。左右側頭部を刈り上げる髪型も似せており、服装も人民服やスーツ姿という祖父スタイルを踏襲している。父、故金正日総書記はジャンパー姿が目立った。歩き方も祖父を真似ているようだ。

   正恩氏は2012年4月15日、金日成主席生誕100年を祝う閲兵式でマイクの前に立った。黒っぽい人民服姿で、「軍隊を強化しなければならない」などと約20分間、演説した。

   下を向いて原稿を読んでいることが多く、いわゆる力強さを印象付ける話しぶりではなかった。現地の朝鮮中央テレビは、演説の模様を生中継した。

   父の正日氏が肉声を「大衆」の前で披露したのは、1992年にあった人民軍創建の記念式典の際に「英雄的朝鮮人民軍将兵らに栄光あれ」と言ったのが「最初で最後」とされ、正恩氏は父とは対照的な行動を取ったことになる。

   一方、祖父日成氏は例年、年頭演説を公開していた。正恩氏とその周辺が「祖父スタイル」路線を指向しているのは明らかだ。

   韓国の中央日報(日本語版サイト)は、正恩氏の演説について「力がないように聞こえるが、金日成の声を真似るために高度な訓練をした結果」との「音工学」専門家の分析を伝えている。

   日本のワイドショーでは、「迫力ない」(小倉智昭キャスター、フジテレビ系「とくダネ!」4月16日放送)といった感想が寄せられていたが、「迫力のなさ」は「意図的だ」というわけだ。

不安感が強いときにみせる本能的な仕草なのか

   一方、演説途中で見せた動作については、「落ち着かない様子で、しきりに体を左右に動かしていた」(韓国の朝鮮日報)といった印象を、海外メディアに与えたようだ。

   韓国の東亜日報は、「若くして権力を握った重圧感のためか、終始左右に体を動かし、(略)」として、「(低い声や髪型などで)金主席の真似はしたが、祖父のカリスマ性には程遠かった」と評した。YTNテレビ(韓国)は「不安感が強いときにみせる本能的な仕草だ」という専門家の分析を伝えた。

   一方、「言葉のつぎ方や、体を揺らすしぐさ」について、「金主席の若いころの演説と似ている」という元朝鮮労働党幹部の声を東京新聞(4月16日付)が伝えている。

   コリア・レポート編集長の辺真一氏も、情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系、16日放送)で、「おじいさん(日成氏)の声に似ている」「体を左右に揺すりながら話すという仕草もよく似ている」と指摘した。

   もっとも、辺氏は、演説全体の印象は「演説を聞いた軍人らの士気が高まるような演説には、なっていない」と否定的だった。

   祖父に似せるため、「力がないように聞こえる」話し方を「高度な訓練」で身につけた正恩氏は、「落ち着きがないように見える」体を揺らす素振りも「訓練」したのだろうか。それとも、単に「不安感が強い」ことがにじんでしまったのか。

   中央日報は、正恩氏の「体を揺する姿」にも触れつつ、「原稿を義務的に読むようなぎこちなさ」について、「金日成も執権初期の3年間はそうだったという」と報じている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中