健康保険組合、12年度も平均保険料値上がり 8.31%に

印刷

   大手企業の会社員などが加入する健康保険組合の2012年度の平均保険料率(労使合計)が、11年度に比べて0.4ポイント高い8.31%となり、5年連続で上昇することがわかった。健康保険組合連合会が2012年4月16日に、健康保険組合の2012年度予算をまとめた。

   健保連に予算を提出した1346健保組合のデータを基に、全1435組合の収支を推計した。

   保険料率は02年度以来の高水準で、過去最高の584組合が引き上げた。収入から支出を引いた経常収支は5782億円のマイナスで、5年連続の赤字。高齢者支援金が11年度に比べて9%増え3兆1355億円に膨らむためだ。

   ただ、9割の健保は保険料収入で医療費や支援金などの支出を賄えない、赤字の健保で、積立金を取り崩すことになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中