日米で最年長勝利投手記録更新 プロ野球「フィフティーズ」時代が目前に

印刷

   大リーグでまもなく50歳になる勝利投手が出現した。現地2012年4月17日のことである。日本でも47歳になろうという勝利投手が生まれたばかり。

   これまでの常識では考えられない「健投」ぶりだ。プロ野球に「フィフティーズ時代」が迫ってきたのか。

49歳150日での勝利は80年ぶりの記録更新

   49歳と150日。大リーグの最年長勝利の記録を80年ぶりに塗り替えたのはロッキーズのはジェイミー・モイヤー。パドレス相手に7回を2失点に抑えた。1932年にドジャースのジャック・クイン投手が立てた記録を80日更新したのである。このモイヤー、47歳のときに左ヒジを手術。昨年は登板ゼロ。普通なら通算267勝もしていたのだから引退だ。ところが今年はマイナー契約をして現役にしがみついていた。そしてチャンスをモノにしたというのだ。

   ヒーローがどん底に落ちて復活する、しかも年齢のハンディを克服して。「アメリカンドリーム」を見ているようである。

   記念となった試合では、時速120km台の直球と、さらに緩い変化球を駆使。打者はあまりにも遅いのでタイミングが合わず、凡ゴロと凡フライを重ねた。ナックルボーラーが通用するのと同じ理屈である。  恐れ入るのはユニホームを脱ごうとしなかったガッツ。そして、50歳寸前で手術した投手と契約した球団だ。

「年長勝利」投手は左投手ばかり

   日本球界にも高齢タフガイがいる。中日の山本昌で、モイヤーより2日早い15日の阪神戦、勝利投手になり、46歳8か月のセ・リーグ最年長先発勝利の記録をつくった。8回を2安打、無失点。こちらは130kmがやっとのストレートとスクリューボールでかわしきった。

   山本は昨シーズン、右足首のけがでお休み。だから「まさか今シーズンも契約してくれるとは・・・」。それどころか高木守道新監督から「開幕戦に投げるか」と言われ、話題になった。モイヤーとよく似ている。

   これまでのセ記録は昨年限りで引退した工藤公康。横浜時代の2009年、46歳1か月で勝利投手になっている。名球会のメンバーで、今年から解説者として活躍中だ。プロ野球記録は浜崎真二の48歳4か月。浜崎は小柄で、慶大のエースとして知られた。国鉄(現ヤクルト)や阪急(現オリックス)などで監督を務め、引退後は毒舌評論家、ご意見番として知られ「球界彦左」との異名を取った。

   この年長記録者たちには共通点がある。いずれも「左腕」なのだ。「左は貴重」と大事にされるが、ここまで長寿だと左投手はますます重用されるだろう。

   今年、日本球界では「フォーティーズ」が元気バリバリである。開幕時の年齢で最年長はくだんの山本昌。続いて44歳の下柳剛(楽天)と打者の金本知憲(阪神)、山崎武司(中日)の3人。下柳は阪神を自由契約になり、トライアウトを受けて戻ってきた。

   43歳に捕手の中嶋聡(日本ハム)。42歳は捕手の谷繁元信(中日)、宮本慎也(ヤクルト)。40歳では和田一浩(中日)、稲葉篤紀(日本ハム)、北川博敏(オリックス)らが並ぶ。宮本、稲葉は通算2000安打を目指しているし、北川はチームがピンチになると先発出場するなど、いずれもしたたかな選手ばかり。

   ベテランが活躍する大きな理由の一つに、実力選手が大リーグでプレーを望むことにある。その空いた穴を埋めるのに、若手では物足りなさがあるから経験豊富な高齢選手に頼る、というわけだ。だから日本の「フォーティーズ」「マスターズ世代」の活躍は、必ずしも拍手喝采できない一面もある。(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中