放射線量測定を再開 地域の人が判断し行動するための情報に【福島・いわき発】

印刷

   3月下旬に開かれた中神谷南区の総会で、区内の放射線量を定期的に測ってデータを回覧してほしい、という要望が出された。もっともなことなので、保健委員の私が担当して線量を測ることになった。区内の新たな「見える化」作業だ。


   いわき地域学會の新年度の活動がスタートし、週に一回、出かけて話す仕事も始まった。雑務を含めて急に身辺があわただしくなったために、新年度最初の区内の線量測定はきのう(4月21日)にずれ込んだ。


news_p130058_1.JPG

   昨年秋には、福島県の補助金を利用して区内の通学路などで除染作業を行った(=写真)。その前後に放射線量を測定し、データを回覧した。が、やはり最新の情報を知りたいのだろう。市が定期的に測定している場所(3カ所)を除いて、月に一回、定点10カ所で線量を測り、データを報告することにした。


   ガムテープを巻いて1センチ、50センチ、1メートルの目印とした竹の棒がある。昨秋の除染作業に合わせて用意した。それを使って1メートルの線量を測る。1センチの線量は線量計を握った指を地面につけて測る。市の職員がそうして測るのを見て覚えた。


   東風が首筋を冷やす曇天下、通学路の側溝蓋の上、歩道、車道と1時間ほどかけて線量をチェックした。おおかたが0.203~0.295マイクロシーベルト/時におさまっていた。集会所の雨樋下(南北2カ所)は、除染前は1.671~1.684あったが、今回測ったら、南側が0.658、北側が0.471だった(いずれも地上1センチ)。


   まずは事実を一覧にして伝える。地域の人たちが考え、判断し、行動するための情報を提供する。仕事柄、習い性になっていた「傍観者意識」をわきにやって、「当事者意識」を原動力にして――。そう言い聞かせてから区内を巡った。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中