尾崎紀世彦、失踪していなかった? 「また逢う日」は近いのか

印刷

   「また逢う日まで」などのヒット曲で知られる歌手の尾崎紀世彦さん(69)の失踪騒動が二転三転している。

   週刊誌やスポーツ紙が「失踪か」「消息不明」などと報じる中、ワイドショーでは「失踪なんてしていない」という証言も放送されている。尾崎さんと「逢える時」はいつになるのだろうか。

実弟も事務所関係者も「連絡していない」

尾崎紀世彦さんの失踪を報じた週刊女性
尾崎紀世彦さんの失踪を報じた週刊女性

   2012年4月24日発売の「週刊女性」は、「尾崎紀世彦 不可解すぎる失踪 孤独のはて『もう逢えない…』全真相」という記事を掲載した。

   それによると、尾崎さんは東京・世田谷区の自宅周辺でここ数年目撃されていないという。自宅の外壁は汚れており、障子は破れ、駐車スペースのバイク2台はほこりをかぶっている。郵便のポストにはチラシやDMがぎっしり詰められ、窓ごしに家中がゴミだらけなのがわかるほどで、どうやら尾崎さんはしばらく自宅に戻っていないようなのだ。

   尾崎さんが公式に姿を見せたのは10年2月から3月にかけて行ったコンサートツアーが最後で、11年5月に行われる予定だった京都フィルハーモニーとの公演を、病気療養のため8日前にドタキャンしていた。その時期に体調不良を理由に所属事務所との契約終了を申し入れたと言われているが、事務所と何らかのトラブルを起こして解雇された噂もあるという。

   同誌では神奈川・茅ヶ崎市で飲食店を営む尾崎さんの実の弟に取材しているが、「自分も10年くらい会っていないからわからない。とにかくここに来られても迷惑だ」と返答されたと書いている。付き合いの長い居酒屋店主は2か月くらい前に来店したと証言したが、連絡先はわからないと話す。最後に所属していた事務所でマネジメントを担当していた人は取材に対し、契約終了以来会っていない、尾崎さんが「そのうちこっちから電話するよ」と言っていたが連絡はない、詮索するのを嫌がる人だからこちらからも連絡していないと語っている。

   また、24日朝のスポーツ各紙では週刊女性を追う形で「尾崎紀世彦失踪」と報じている。11年3月ころから行方不明だったレポーターの奥山英志さんが12月に遺体で発見されたというニュースがあったことから、インターネット上では最悪の事態ではないかともささやかれた。

「先週ライブハウスで見た」「眉毛つながってたよ」目撃談も

   しかし24日朝放送のワイドショーは、「尾崎さんは失踪していない」と報じている。

   「スッキリ!!」(日本テレビ系)では芸能リポーターの阿部祐二さんが、尾崎さんの実の弟と電話で話した内容を語った。

   失踪報道について聞いたら、「えっ、そんな報道が流れているの?」と驚いた様子で、「ハワイ旅行などに行ってのんびりしている。何が失踪か」「先週、長男に連絡があった」「今は都内にいる」と話したという。携帯電話を持たない主義なので、連絡がつかない周りの人が勝手に言っているだけでは、とのことで、失踪などという大げさな事態ではないというのだ。

   また、「とくダネ!」(フジテレビ系)では取材班が弟に直撃取材している。尾崎さんは20日の朝、入院していた長男に見舞いも兼ねてか、電話をかけてきたという。詳しい場所は言えないが都内にいて、「失踪はない」と断言していた。この弟が週刊女性の取材に応じた実の弟と同一人物かはわかっていない。

   真偽は定かではないが、インターネット上でも目撃情報がいくつか書き込まれている。ツイッターでは「実は先週とあるライブハウスにふらりと現れたところに偶然遭遇(飛び入りで歌も披露!)したところだったので、今回の報道には驚きました」と、ごく最近元気な姿を見たというツイートがある。2ちゃんねるでも「この間見たよ。なんか眉毛つながってたよ」という書き込みがある。尾崎さんが失踪報道を目にしていたら、関係者に連絡が入るかもしれない。「また逢う日」はそう遠くなさそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中