亀岡死傷事故の少年、最高で懲役8年 これでいいのか、と厳罰求める声高まる

印刷

   京都府亀岡市の10人死傷事故を起こした無職少年(18)に対し、ネット上で厳罰を求める声が相次いでいる。現状への不満から、本人情報として名前や顔写真を暴くなど、社会的に制裁を加えようという動きもあるほどだ。

   趣味は、「ドライブ」――。無免許だった少年が、ミクシィのプロフィールに載せていた自己紹介だ。

無免許運転繰り返し、10時間ものドライブ

メディアからも疑問が
メディアからも疑問が

   小学生らの列に軽乗用車が突っ込んだ凄惨な事故は、関わった少年たちの無謀ぶりが次第に浮き彫りになってきた。

   報道によると、運転していた少年は、2010年末ごろにも無免許でバイクを運転し、警察に捕まっていた。少年は父親に二度としないと誓ったとはいうものの、京都府警の調べに対し、「日常的に無免許運転を繰り返していた」と供述しているという。

   さらに、供述によると、事故のあった12年4月23日は、前日から10時間ほども連続して運転していた。その結果、一晩中寝ないで無免許運転したことになり、疲れから事故のときに居眠りしていた疑いが持たれている。

   同乗していた高校時代からの友人の少年2人は、無免許運転ほう助の疑いですでに逮捕されているが、運転した少年が無免許であることを知りながら、日常的に行動を共にしていた疑いが出ている。2人とも免許は持っていなかった。

   このほかにも、無免許運転に関わった疑いのある少年たちが浮かんできている。2人以外にも、運転した少年が、事故前に入れ替わりで複数の友人を車に乗せていたともいう。また、同乗した少年の知人男性(18)が、軽乗用車をこの少年に貸していたというのだ。

   この知人が無免許を知って貸し出したかは不明だが、京都府警が近く事情を聞くと報じられた。執拗に頼まれ、「1日だけ」の約束で貸したというが、車は戻されないまま事故の日に至っていた。

   府警は、運転した少年を自動車運転過失致死傷などの疑いで調べている。しかし、ネット上では、「過失」ではなく「故意」になるのではないかと、少年に厳しい声が相次いでいる。

産経新聞「飲酒と同じくらい危険」

   少年の行為が「故意」とみなされうるかについて、板倉宏日大名誉教授(刑法)は、次のように話す。

「より重い危険運転致死傷罪を適用することは、実際にはなかなか難しいと思います。少年は、酒を飲んでいたり、薬物をやっていたりしなかったといいますから。長く運転していたわけですから、運転ができる能力がないとは言えません。制限速度40キロのところを50キロで走っていたというのは、制御できないスピードとも言えないでしょう」

   危険運転致死傷なら、最高で懲役20年の刑を下すことができる一方で、自動車運転過失致死傷なら、最高で7年の刑に留まることになる。無免許運転との併合罪で最高8年となるが、板倉名誉教授は、少年であることを考慮して、5年以上7年以下といった不定期刑になる可能性が強いとみている。

   ただ、メディアからも「過失」に留めることを疑問視する声が出ている。産経新聞は、2012年4月25日付コラム「甘口辛口」で、「そもそも少年のような過去に免許取得歴のない我流の無免許運転自体、飲酒と同じくらい危険ではないのか」とし、「これで危険運転にならないのなら、何が危険運転なのかわからない」と書いた。

   板倉名誉教授は、過失致死傷罪は、必ずしも軽いとは言えないとしながらも、裁判所などが危険運転と解釈してもよいのではないかと明かす。法廷でも、そうした判決が出る可能性がないわけではないとしている。

   なお、同乗した少年2人は、ほう助罪で最高6か月以下の懲役刑になる可能性があるが、板倉名誉教授は、正式な裁判にはならず、家裁で保護処分になるのではないかとした。1~3年の少年院送りか保護観察が考えられるという。車を貸した知人については、ほう助罪で保護観察といった処分が考えられ、もし無免許を知らなければ、罪には問えないとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中