「逆ナン成功率100%」「口説くの超得意」 道端、遠野、菜々緒ら「肉食女子」が暴露人気

印刷

   モデルの道端アンジェリカさん(26)がテレビ番組で「肉食女子」らしいエピソードを赤裸々に暴露した。

   7股交際の経験を明かした女優の遠野なぎこさん(32)、嫌いな女性タレントや元恋人についてぶっちゃけトークをしたモデルの菜々緒さん(23)ら、一見反感を買いそうな肉食女子がいまや連日お茶の間をにぎわせている。

スタッフに「超イケメンと思って番号交換」

   道端さんは遠野さん、ラジオパーソナリティーの小島慶子さん(39)と共に、「ストレートな発言で話題の美女3人」として2012年5月6日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演した。

   「共演者を口説いたことがあるか」という質問に対し、道端さんと遠野さんは「YES」の札を上げた。道端さんは「海外のロケとかあったりすると、長い間一緒にいるじゃないですか。超イケメンと思って番号交換したりとか」「スチールのカメラマンさんとは何度かデートしたことがある」と、スタッフを「逆ナンパ」したことがあると告白した。

   司会の上田晋也さんに「プライベートでもあるの?飲み屋であの人素敵だなーなんて」と聞かれると、「そっちの方が多いですね!私の友達が付き合ってる子も私が声かけた男の子だったり」と暴露。「その時しかもう運命はないと思ってるので、友達が通り過ぎた男の子のことを『めっちゃあの人カッコ良かった』って言うと何で行かないの?って。私が『ちょっとお兄ちゃんお兄ちゃん』って呼ぶ」とぶっちゃけた。さらに「(逆ナンの)成功率はどれくらいなの?」と聞かれると、「全然100(%)ですね」とあっけらかんとして答えていた。

   この放送では遠野さんが「私、口説くのがすっごい得意」「先輩女優の彼氏に手を出したら無視されるようになった」、小島さんも「新人局アナの頃共演者の母親から『これ息子から』と言って連絡先を渡された」「50センチの距離でもあいさつを返してくれない先輩女子アナがいた」などと明かし、芸能人暴露大会のようになっていた。

「ズバズバ言うのが好き」「性格さっぱりしてそう」

   最近は「行列のできる法律相談所」をはじめ、「しゃべくり007」や「芸能★BANG+」(いずれも日本テレビ系)、「爆報!THE フライデー」(TBS系)など、タレントの暴露話を積極的に放送するテレビ番組が増えてきている。

   遠野さんは2012年2月放送の「行列~」で「男の人が大好きなんです。不特定多数の男性と遊びたい」「7股交際したことがある」と仰天トークを連発し、一躍話題となった。

   現在、ミュージシャンの西川貴教さんとの交際が噂されている菜々緒さんは、11年12月放送の「しゃべくり007」に出演し、「元恋人」「性格が悪いと思う人」などを「ピー」音付きで暴露した。菜々緒さんの元恋人はダルビッシュ有投手ではないかという噂も立ち、ダルビッシュさんがツイッターで否定するという思わぬ影響もあった。

   性に奔放であけすけな女性は視聴者から反感を買いそうだが、道端さん、遠野さん、菜々緒さんはいろんな番組にひっぱりだこだ。

   彼女らの面白さについて、インターネットでは

「遠野なぎこ 好き~ あーやってズバズバ言う芸能人さいきんおらんもんっ!」
「遠野なぎこに前ほど嫌悪感を抱かなくなった。発言の中身はとんでもないけど、一貫してるよね」
「菜々緒かわいい。。なんか、さっぱりした性格っぽい感じも好き」
「道端アンジェリカが、運命はそのときしかないと思ってるからいいと思った人にはすぐ声かけるって言ってて感銘を受けた。たしかにそうだな。チャンスは2度ないしな」

などと語られている。奔放さが「裏表がない」「サバサバしている」と取られ、また一見変わった恋愛観に憧れる人が多いようだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中