利用者の権利消滅した貯金・保険607億円 国庫納付求める

印刷

   払い戻しを受ける権利がなくなった定額郵便貯金や、満期後に受取人が現れずに時効を迎えた簡易生命保険金が、約771億円に上ることが、2012年5月11日、会計検査院の調べで分かった。

   会計検査院は、総務省に対し経費などを差し引いた607億円を速やかに国庫納付すべきだと指摘した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中