橋下大阪市長ウォッチ
「バトル女性記者」番組の「編集」に不満 「(あれでは)僕は頭のおかしい市長」

印刷

   「バトル会見動画」で注目を集めた女性記者が担当した番組の「編集」について、橋下徹大阪市長が、ツイッターで不満を述べた。

   放送では、バトル会見映像も一部、紹介されたが、女性記者が質問する部分はほぼカットされており、放送を見る限り、「僕は頭のおかしい市長そのもの」に見えたと指摘した。橋下市長が、前触れもなく一方的に怒っているような印象を与えた、というわけだ。

「テレビは怖いね」


   「バトル会見」の女性記者が担当したのは、MBS(毎日放送、大阪市)の「VOICE(ヴォイス)」。2012年5月11日夕、関西圏で放送された。「学校式典の国歌斉唱時、教員の口元チェック問題」がテーマの約14分弱の特集で、5月8日にあった「バトル会見」の橋下市長の回答部分も約1分30秒間、紹介した。

    橋下市長は放送を受け、5月12日のツイッターで、ツイッター上の「読者」から、MBS番組で女性記者の質問部分が「(ほぼ)カットされている」ことなどを指摘する声が届くと、

   「まったく。これがテレビの編集なんです」

   と応じた。さらに、

   「(略)番組見たらびっくりしたよ。記者とのやり取りは全部カットされて僕は頭のおかしい市長そのもの」

   「まあ僕の頭も少しはおかしいのかもしれないけど、しかしテレビは怖いね。番組だけ見たら、なんでこんなテンションで答えてんの?となるもんね。YOUTUBEで皆が監視してくれたので、何で僕があんなテンションだったのか多少は伝わったと思う」

   とつぶやいた。「バトル動画」についてネット上では、女性記者が「質問の前提の基本的事項」を尋ねる橋下市長の逆質問に答えないまま、同種の質問を繰り返そうとした、と指摘されており、女性記者の質問部分の映像(音声)ももっと紹介すべきだったと、言いたいようだ。

「少しは事実関係を入れてきた」と一定の評価も

   会見部分の放送映像では、橋下市長が、「起立斉唱命令」に「斉唱」が含まれているのかどうかを女性記者に激しい口調で問いただす場面から始まる。途中1回だけ、女性記者が質問する声が入っている。橋下市長が、左手で記者の方を指さしながら、「そんな勉強不足で何言っても無理」と批判する場面もあった。

   また、橋下市長はツイッターで、番組が紹介した「回答した過半数の府立学校の校長が、『口元チェック』に否定的」というアンケート結果についても、「回答率が26%(164人中44人)」を加味すると、否定的だったのは「対象者の約10%ちょっと」に過ぎないと指摘した。回答率26%という「低さ」についても、「アンケートとして成立しているのか」とも不満を述べた。さらに、

   「でもボイスって番組、夕方番組でしょ。ネットを使わない世代の多くが観ている。そしてテレビの視聴者数ははんぱじゃない。関西で数百万人が視聴。僕はこうやってしこしこツイッターで反論するだけ。テレビでやられたらイチコロなわけですよ。それでもツイッター、ネットがあってよかった」

   とテレビの影響力の大きさを指摘した。

   もっとも、「バトル動画」に注目が集まっていたこともあってか、番組放送時には「少しは事実関係を入れてきた」と、番組の構成、バランスについて、一定の評価をする姿勢も見せた。

   番組では、「口元チェック」に反対・慎重な声だけでなく、賛成する声も紹介していた。特集の最後で、女性キャスターは「今一度、立ち止まってみなさんと考える機会になれば、と取り上げました」と締めくくっていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中