ガガの突然訪問でTDL大騒ぎ 携帯撮影写真、次々投稿される

印刷

   来日したアメリカ人歌手レディー・ガガさん(26)が、東京ディズニーランドなどを突然訪れ、驚いたファンらが集まる騒ぎになった。アトラクションなどを楽しむガガさんの写真がツイッターに次々投稿されるなど、ネット上でも盛り上がっている様子だ。

「TDLでレディ・ガガ…。大混雑( ´Д`)y━・~~」
「ディズニーにガガ来てたよ!!まじやばいいいい!」

六本木のペットショップにも来店

写真も次々投稿された
写真も次々投稿された

   ツイッターには2012年5月11日夜、こんなつぶやきが相次いだ。レディー・ガガさんは前日から、さいたまスーパーアリーナで計10万人余を集めたワールドツアー日本公演を始めており、11日は公演のない日だった。

   日本好きを公言するガガさんは、公演の合間を利用して、この日はディズニーランドを訪れることにしたらしい。ツイートでは、アトラクションの1つ「キャッスルカルーセル」を楽しむガガさんの写真も同時に投稿されている。

   平日で比較的空いていたというが、世界的大スターだけに、ガガさんと分かると、100人を越す人だかりができる騒ぎになった。しかし、ガガさんは、ミッキーマウスの耳をあしらったカチューシャを頭に着けてアトラクションを楽しみ、終始ご機嫌な様子だったそうだ。

   この日の夜は、続いて東京・六本木も訪れ、東京ミッドタウン近くのペットショップ「六本木WAN」に入店した。ここでも、ガガさんは大人気で、ショップ前には200人以上が集まり、警察が出動するほどの混雑ぶりだった。ガガさんは、店内で白い子犬を抱き上げるなどし、その様子も次々にツイートされている。

   ディズニーランドを運営するオリエンタルランドでは、ガガさんが訪れたことについて、「基本的に個人の情報ですので、来られたかどうかも含めてお答えしていません」(広報部)とのことだった。

   一方、六本木WANの店員は、取材に対し、「ペット用の犬などをたくさん抱っこされていました」とその様子を明かす。

「ほっといてやれよ」との声も

   レディー・ガガさんは、六本木WANには2011年6月26日にも訪れており、ショーウインドウには、ガガさんのサインも飾ってあった。今回も、店内を見ただけで、買い物はしなかったそうだ。「日本の芸能人が来るほか、パリス・ヒルトンさんも犬をお買いになられており、その情報で来られているのでは」(店員)

   ガガさんが6月に来日したときも、六本木などで次々に目撃され、ネット上でも騒ぎになっていた。

   それだけに、今回も買い物などに出ることを予想するファンも多かったらしい。ガガさんが前回訪れた東京・原宿の古着店には、12年5月11日の昼前から200人ほどが集まっていた。

   13日ですべての公演を終えたガガさんは、今後も日本にいてどこかを訪れるのではとの憶測も出ている。この点について、日本公演を手がけたクリエイティブマンプロダクションでは、「日本ではもう公式のイベントはありませんが、いつまで日本におられるかなどは申し上げられません」と言う。

   ガガさんの来日では、一部に過熱ぎみのファンもいたようだ。公演では、先着のファンが楽屋を訪問できたようだが、ツイッター上で、その権利を巡るトラブルも報告されている。ファンがガガさんを追いかけることについても、ネット上では、「有名人が来てるからって人だかりとか…ほっといてやれよ」との声もある。

   もっとも、「ほっといてほしかったら あんな格好しないよ」などと、ガガさんもファンとの交流を楽しんでいるとの指摘も出ていた。

   クリエイティブマンプロダクションでは、「楽屋訪問については分かりませんし、トラブルも存じ上げておりません。計3回の公演は、支障などはなく、スムーズに終わることができました」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中