テレビに出まくり園山真希絵 今や「二股評論家」の地位確保

印刷

   俳優の塩谷瞬さん(29)の二股交際による被害者として、一躍時の人になった料理研究家の園山真希絵さん(34)がテレビに出まくっている。

   TBS系「中居正広の金スマスペシャル」に続き2012年5月15日に日本テレビ系「芸能BANG」にも出演した。男女関係について独自の見解をいろいろしゃべることもあって、今や「二股評論家」として引っ張りだこ状態だ。

   自身が経営するお店や料理、そして著書などの紹介のあと、芸能リポーターたちの質問に答えた。

塩谷を本当に好きだったように見えない??

   「芸能BANG」はレポーターたちが複数のタレント対して質問、疑問をぶつける番組だが、今回は特別に園山さんを中心にして番組が構成された。まず、新婚ほやほやの日テレアナ、葉山エレーヌさん(29)が「私の夫は私一筋でーす」と言いながら園山さんのお店を訪問。来店客にインタビューすると、女性客は園山さんは男性にモテモテと絶賛。それを聞いた園山さんは、

「男性客にモテても、相手にはしません」

ときっぱり。葉山さんは、園山さんのようにモテモテになりたいから「モテ料理」を教えて欲しいと懇願した。

   園山さんが作った「モテ料理」はポテトサラダで、スタジオにいたレポーターや、マイケル富岡さん(50)といった出演者にふるまわれると、「美味しい!」という声がこだました。料理はほかに、「浮気防止のチョコ料理」という、チョコレートを使ったビーフシチューも出ていた。また、今回の二股騒動のもう1人の被害者である冨永愛さん(29)が帯を書いたという自著も紹介した。

   質問コーナーでは、いつ塩谷さんの二股を知ったのか、冨永さんと連絡を取ったときの冨永さんの反応は、といったものが出たが、塩谷さんファンだと公言する松本桂子レポーターの突っ込んだ質問に園山さんがたじろぐ場面もあった。その質問は、

「塩谷さんを、そんなに好きだったという感じを受けない」

というものだった。

   園山さんは「自分は好きという感情を表には出さない」とかわした。

「園山は非常に口説き落としやすいタイプ」

   さらに、自分は付き合っている男性が二股しても気にならないタイプだと分析した。付き合っている男性が浮気をしたとしても、最終的には「お前が一番だ!」と戻ってくる、そんな男性を自分は求めている、というのだ。

   塩谷さんに関しては、自分以外の女性ではこのダメな男性を更生できない、とハマっていった。他の女性でも更生できるタイプだったならば好きにはならない、とも語った。

   松本レポーターが、これから塩谷さんとの付き合いをどうするのかと尋ねると、

「今は会わないと思っていても、人生何が起こるかはわからない。彼次第で、あとは運命とタイミング」

と未練を残しているかのような発言をした。塩谷さんを甘やかせ過ぎたし、この先も甘やかせると何も変わらないから、今回の二股騒動はいいタイミングだった。マスコミから叩かれていて、何を食べているかわからないのが心配だ、とも述べた。

   こうしたやり取りを聞いていたマイケル富岡さんは、

「園山さんは非常に口説き落としやすいタイプだ」

と感想を述べた。今回、10人以上の女性と同時に交際しているモテモテの「十股交際男」として登場している立場から、自分は簡単に男性になびかないと言う女性ほど実は簡単に口説けるし、

「僕ならば(園山さんを)2週間で落とせます」

と宣言した。ちなみに、今回出演していたアイドルグループ「ぱすぽ☆」の奥仲麻琴さん(18)は4日、タレントの熊田曜子さん(30)は2、3時間で落とせる、と豪語していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中