明るくふるまう心の底には… 原発避難民の苦悩【福島・いわき発】

印刷
news_p132604_1.JPG

   日曜日(5月13日)の夕方、イトーヨーカドー平店2階にある被災者のための交流スペース「ぶらっと」へ行った。そこへ写真家だというデルフィーヌさんと案内役の若い女性2人がやって来た。雑談(=写真)のあと、「ぶらっと」スタッフ・ボランティアと写真に納まるなどした。


   デルフィーヌさんはフランス人。日本人と結婚してイギリスに住んでいる。案内役の2人と、わがカミサンも加わって、英語でああだ、こうだとやっていた。こちらはチンプンカンプン。要は取材をしたい、そのヒントがほしい、ということらしかった。


   「ぶらっと」は<シャプラニール=市民による海外協力の会>が運営している。現地採用のスタッフが3人。すべて女性だ。


   その一人、Rさんは双葉町の臨時職員だった。22歳。彼女の「原発避難」体験が同じ20代のデルフィーヌさんのアンテナにひっかかったらしい。ぜひ自宅(アパート)の前で写真を撮りたい、となった。RさんがOKした。そういう組み合わせの写真をシリーズで撮りつづけているのかもしれない。


   Rさんの「そのとき」と「それ以後」、そして「今」を、私は初めて知った。その日は同じ双葉町の親戚の家へ。そして翌日、白い防護服を着た人に「逃げろ」と言われた。で、母親と川俣町へ、栃木へ、東京へ――。今は一人、同じ浜通りのいわきに「戻って」きた。


   明るくふるまう心の底に、私らいわき市民には想像もつかないなにかを抱えている。それは「ぶらっと」に来る人すべてにいえることだ。外見はあっけらかん――でも、心をのぞいたら……。あらためて津波に被災した人、原発避難を余儀なくされた人たちの苦悩を思う。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中