嵐ファンが新曲に「愛のブーイング」 「個性つぶし」「殿様商売にげんなり」

印刷

   アイドルグループ「嵐」の新曲「Face Down」が、「Amazon.co.jp」で低評価の憂き目にあっている。

   メンバー主演ドラマの主題歌として話題となり、売り上げも好調だが、何がいけないのだろうか。

3年ぶりラップの意欲作で初動は52万枚超

相変わらず大人気の嵐だが…
相変わらず大人気の嵐だが…

   「Face Down」は2012年5月9日に発売された嵐の38枚目のシングルで、リーダー・大野智さん主演のドラマ「鍵のかかった部屋」(フジテレビ系、月曜21時~)の主題歌だ。エレクトロ系の曲調が嵐としては新鮮で、シングルの表題曲としては約3年ぶりにメンバー・櫻井翔さんのラップが入っており、力の入った意欲作といえる。5月21日付のオリコンCDシングル週間ランキングでは推定売上枚数52万6106枚の1位で、2位のNMB48「ナギイチ」に15万枚以上の差を付けている。

   初回限定盤にはミュージックビデオを収録したDVDが付いていて、ソファに座った5人が思い思いに動くクールな場面と鏡張りの部屋で少々ふざけるという場面で構成されている。歌番組では5月4日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)と7日放送の「HEY!HEY!HEY!」(フジテレビ系)で披露したが、ビデオとは打って変わって激しいダンスを見せ付けた。

大野智のソロ、ダンス映像が求められていた?

   そんなFace Downだが、Amazonの商品ページには低評価のレビューが並んでいる。それもアンチが荒らすためにやっているというわけではなく、嵐を好きでちゃんと曲を聞いている人が批評しているようなのだ。嵐の中で最も歌唱力が高いとされている大野さん主演ドラマの主題歌なのに大野さんのソロパートがほとんどない、ビデオにダンスを収録しなかったなどが主な理由らしい。

「『運動会の駆けっこでビリになる子が可哀想だから、みんなでお手手つないで一緒にゴール』って感じですよね。今の嵐の楽曲って。ユニゾンの一体感が嵐の魅力?それも一理あります。でもね、折角の個性や強みをつぶしてまですることでしょうか」
「これは憶測だけどきっとCDを出す時までに5人がダンスを覚える時間がなかったんだよね。嵐はアイドルだけど本業は歌でしょ?なのにドラマやバラエティのレギュラーが忙しくて本業の作品が疎かになるのは『なんだかなぁ~』と思ってしまう」
「二年ぶりの大野くんのドラタイ(ドラマタイトル)。久々に彼の美しいソロがたくさん聞ける、と思ってた。なのにこれ。フルで初めて聞いた時は凍りついた」
「とりあえず嵐の曲ならファンは何でも買うんだろ、と言わんばかりの殿様商売っぷりが透けて見えるようでげんなりです」

などなど、かなり厳しい感想を持っている人が多い。

   嵐は2010年、11年と2年連続の紅白歌合戦司会、ゴールデンタイムに3つの冠番組を持つなど、「国民的グループ」となっている。しかしグループが大きくなっていくにつれ、離れていくファンももちろん少なからずいる。

   11年に2ちゃんねるに立てられた「嵐ファン辞めた人のスレ」というスレッドでは、「いい加減に仲良しという名の足の引っ張り合いを止めてそれぞれがもっと自分磨きをしないと生き残れないと思う」「アルバムの曲に良い曲が一つもなかった。エフェクト多用のアレンジが嵐に合っていない」「生き残りに厳しい世界で向上心がないってのは、やはり致命的なのかも 昔はそういうゆるさが好きだったのに、今じゃただの怠け者にしか見えない…」などという意見が書き込まれている。運営側がファンの意見を積極的に取り入れなければ、今の嵐人気に翳りが出始める日も近いかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中