どうしたフェイスブック株 わずか2日で急落「公開価格」も下回る

印刷

   2012年5月21日の米ニューヨークのナスダック株式市場で、上場わずか2日のフェイスブックの株価が急落した。公開価格(38ドル)をも下回り、終値は前週末より4.2ドル(約11%)安の34.03ドルだった。

   ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)最大手、フェイスブックの株式上場は、「10年に一度の大型案件」と期待が大きかっただけに、そのショックもまた大きいようで、地元紙などでは市場関係者のコメントとして「足元の業績と比べて評価が高すぎた」との酷評されている。

デイトレーダーが「見切り売り」

「フェイスブック株」どうなる?(写真はイメージ)
「フェイスブック株」どうなる?(写真はイメージ)

   5月18日に新規上場したフェイスブック株の終値は、公募・売り出し価格に比べて0.23ドル(0.6%)高い38.23ドルだった。初値は42.05ドルと、比較的好調な滑り出しをみせたように思えたが、高値は45ドル。安値は売り出し価格と同じ38ドルと、前評判が高かったわりには案外な結果だった。

   それでも、この日の時価総額でグーグルの1957億ドルには及ばなかったものの、アマゾン・ドット・コムの963億ドルを上回る1046億ドル(キャピタルIQ調べ)と、1000億ドルを突破した。

   ところが、取引2日目の21日も「勢い」のない状況のままだったようだ。野村証券・投資調査部のシニアストラテジスト、村山誠氏はこう説明する。

   IPO(株式の新規上場)株狙いの投資家には、短期的な値動きで売買してサヤを抜く投資家(デイトレーダー)と、長期保有を目的に、グーグル株やアマゾン株のような、将来の値上がりを期待する投資家の2通りいる。

   フェイスブックの場合は、売り出し価格の38ドルと高値の45ドルの値幅で推移していた。そのため、「50~60ドル程度の上昇を期待していた短期売買を中心とする投資家は、フェイスブックの力不足といいたいのでしょうが、結果的に思惑が外れて早めに売ってしまおうと動いたのだと思われます」とみている。

   当初、市場関係者のあいだでは「50%程度の値上がりは堅い」との見方もあっただけに、デイトレーダーの中には損を承知で売る、「見切り売り」に出た投資家も少なくなかったようだ。

   また、上場直前に売り出し株式数を増やしたことやナスダック市場の取引障害も影響したとされる。

「それほど一喜一憂することない」

   上場当日の5月18日は、ナスダック市場の取引開始が予定より30分も遅れた。過去最大級のIPOの売買高で、顧客からは「売買注文の確認がとれない」との苦情がナスダックや証券会社に殺到した。

   ナスダックは取引システムによる初値の算出に遅れが生じたことが混乱を招いた、としているが、買いたいとき、売りたいときにすぐに売買できないとなれば、それだけでデイトレーダーは市場への警戒感を強めて取引をやめてしまう。

   証券会社にしてみれば、フェイスブックの上場を機に、売買の活性化につなげたかったのに、株価が公開価格を割り込む水準ではそんな思惑もすっ飛んでしまった。

   とはいえ、グーグル株はIPO時に終値100ドルでスタート。それがピーク時(07年11月)には747.24ドルにまで高騰し、いまも600ドルを維持している。それを思えば、長期保有は株式投資の「王道」ともいえる。

   前出の野村証券の村山氏も、「IPO後に値幅がぶれることはよくあります。株式市場全体が低迷しているときに上場し、しかも初日に値を上げているのですから、それほど一喜一憂することはありません」と話す。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中