沢尻エリカに「大麻中毒」報道 映画配給会社「事実無根と聞いている」

印刷

   体調不良だとして休養している女優の沢尻エリカさん(26)について、週刊文春が「大麻中毒」が原因だなどと報じた。これに対し、主演映画「ヘルタースケルター」の配給元では、「事実無根と聞いている」として、予定通り映画を公開するという。

   沢尻エリカさんが2012年5月15日から突然休養に入ったのは、映画の役にのめり込みすぎて、心身のバランスを崩したなどと当時説明された。全裸セックスシーンなど過激な演技があったからだ。

薬物検査で陽性反応と報じる

報道は本当なのか
報道は本当なのか

   医師からは一定期間の静養が必要と診断されたというが、週刊文春の5月24日発売号は、決定的証拠を得たとして、その真相は違うと断じた。

   それによると、前の所属事務所スターダストプロモーションは、酒井法子さんらの薬物事件を受けて、09年9月10日にエリカさん同意の下で薬物検査を行った。その結果、大麻の陽性反応が出た。しかし、エリカさんは、大麻の使用を止めることはできないと表明した。これに対し、事務所では、9月29日付でエリカさんに契約解除を通知した。

   記事では、事務所代理人弁護士の職印が押されたとする通知書の写真が載せられている。

   さらに、スペイン・バルセロナの大麻インストラクター男性による証言として、エリカさんは10年から11年末まで、男性の元に通って大麻を吸ったりしていたとした。エリカさんは、映画がクランクアップした12年2月から、感情の起伏が激しい異変が見られたと指摘し、休養直前の4月下旬に女性誌記者に当たり散らすなどしてクスリのうわさがあったともしている。

   前の所属事務所に契約解除されたときは、確かに、エリカさんに薬物使用の疑惑が指摘されていた。

過去にもスポーツ紙などが疑惑指摘

   疑惑を最初に報じたスポーツ報知の2009年9月26日付記事によると、沢尻エリカさんが、夫の高城剛さん(47)とスペインなどで海外生活している中で薬物を使用していたという情報があった。また、日本でも、酒井法子さんが参加していた奄美大島のイベントにエリカさんらもいたと週刊誌などに指摘された。このときは、「重大な契約違反」があったとして、芸能界引退の危機と指摘されていた。

   その後、エリカさんは、契約解除による引退危機を乗り越え、新しい事務所エイベックス・マネジメントに所属して、今回ようやく女優復帰を果たしたところだ。

   文春記事のような「大麻中毒」の状態があるのか疑問も指摘されているが、エリカさんが薬物を使用しているのは本当なのか。

   スターダストプロモーションとエイベックス・マネジメントでは、責任者が不在だといい、取材の回答が得られなかった。

   配給元のアスミック・エースエンタテインメントでは、映画宣伝グループの担当者がこうコメントした。

   「今回の報道に関しましては、記事の信憑性が不明であり、エイベックスにコンプライアンス違反はないことを確認しています。また、エイベックスからは、『記事内容は事実無根』と聞いていますので、今まで通りの予定で映画を配給したいと考えています」

   エリカさんの体調などについては、発表された以上のことは聞いておらず、いつ復帰するかなども分からないという。

   文春記事については、映画に対する誹謗中傷ではないので抗議はしないといい、12年7月14日からの公開に支障があるかなどは、お答えする必要はないとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中