ちりめん細工の携帯ストラップが「福」を呼ぶ【福島・いわき発】

印刷
news_p133307_1.JPG

   携帯のストラップに「ちりめんふくろう」をちょうだいした(=写真)。会津の「起き上がり小法師」よりはちょっと大きい。製作者は富岡町の93歳のおばあさんだ。


   日曜日(5月20日)、イトーヨーカドー平店2階にある被災者のための交流スペース「ぶらっと」で、「富岡町民の集い」が開かれた。20人余が参加した。その中におばあさんがいた。娘さんと一緒だった。


   おばあさんはちりめん細工が得意だ。富岡町の夜ノ森に住み、ストラップをつくってはみんなに配って喜ばれていた。


   3・11後は避難を余儀なくされ、今はいわきで借り上げ住宅に住む。話し相手もいない日々。


   娘さんがたまたま旧「ぶらっと」(いわき駅前再開発ビル「ラトブ」)を訪ね、母親のつくった「ちりめんふくろう」を飾ってもらうことになった。欲しい人はどうぞ――飾ると、すぐなくなった。たまっては「ぶらっと」に飾る。すぐなくなる。張り合いがまた出てきた。


   おばあさんは一度、娘さんと「ぶらっと」を訪ねた。偶然、夜ノ森の近所に住む人と再会した。「福」を呼ぶ「ちりめんふくろう」とはこのこと。いよいよ、おばあさんは「ちりめんふくろう」づくりに精を出した。


   「集い」が終わって、娘さんとおばあさんがスタッフ・ボランティアのテーブルにやって来た。茶飲み話第二ラウンドだ。つくりためたストラップをいくつかテーブルに出す。その一つをいただいた。


   おばあさんのきめの細かい仕事ぶりに質問が集中した。「ふくろうは一つひとつ違うの」「(ふくろうを)つくっていると肩がこらないの」「つくってプレゼントするのが楽しみ」。やせて小柄な人だが、ことばは骨太だ。


   6月5日には「ぶらっと」で「ちりめんふくろう作り」教室の先生を務める。「ぶらっと」で開かれる教室のなかでは最高齢の先生ではないだろうか。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中