河本、梶原の母親生活保護問題 問われているのは芸人のモラルだ

印刷

   お笑いコンビ、次長課長の河本準一さんに続いて、キングコングの梶原雄太さん(31)の母親(63)も生活保護を受給していた。いずれも福祉事務所と相談の上決めたもので、法律上は問題ないとされている。が、多額の収入がありながら、福祉に頼るのは好もしいことなのか。ネットなどでは「芸人は社会常識、モラルが欠如している」といった声も出ている。

   これまでの報道をまとめると、梶原さんの母親は祖母の介護をしながら弁当屋で働いていたが、会社が倒産。足を骨折して働けなくなり2011年3月から合計約140万円の生活保護を受給してきた。

「福祉事務所が勧めてくれたことに疑問を持たなかった」

   母親は2002年に梶原さんが2千数百万円で購入した大阪市のマンションに居住。梶原さんが月40数万円のローンと共益費を負担していて、ローンが完済する2012年8月に生活保護を打ち切る予定だった。

   本来は生活保護ではなく、扶養義務者である梶原さんが扶養するべきだが、梶原さんは「生活費が赤字の時もあり、福祉事務所が勧めてくれたことに疑問を持たなかった」とし、それ以上の支援は難しかったとしている。

   マンションを元手に生活費を捻出するべきだったのか、といった議論も出ているが、梶原さんの所属する吉本興業は「生活保護受給の手続きには何らの瑕疵もなく、また、梶原としても母親への精一杯の援助を続けているなかでのやむを得ない経緯があったものと考えております」と全く問題なし、との立場だ。

「恥ずかしいという考えがない。人間としての誇りの問題ですよ」

   先に問題になった河本さんも受給は「福祉の方と相談して決めたこと」「ずっと正しいと思ってきた」とし、あくまで自分の考えが甘かったのが原因としていた。

   2012年5月30日放送の情報番組「みのもんたのあさズバッ!」(TBS系)でも、梶原さんの件が取り上げられた。社会保障に詳しい淑徳大学の結城康博准教授は、「得られた情報を総合すると、法律上は問題ない」とした上で「公の人間としてどうあるかというモラルの問題が大事」と指摘。みのもんたさんも「(梶原さんは)公人の中に入るわけですよ。彼らは自分たちの役割として、生活保護がどういう性格のものか勉強しておくべきでしたね」と語った。

   ネットでも「芸人の生活保護のニュース幻滅。マンション売れよ。モラルも何もない。人として恥ずかしくないのか」「お笑い好きとしても、一連の恥知らずでみっともないモラルの無さを露呈する吉本に怒りを覚えます」といった声が出ていた。やはり、芸人のモラルの低下、社会常識の欠如を嘆く人が多いようだ。

   芸能評論家の肥留間正明さんはJ-CASTニュースに対し、

「関東の落語家とかは『宵越しの金は持たねえ』なんて言って、貧乏であることを誇りにしますが、今回は関西芸人のがめつさが出たという印象。稼いでなんぼ、もらえるものは何でももらうという感じで、公人としての社会的責任や、恥ずかしいという考えがない。人間としての誇りの問題ですよ。そして何より、2人から自分の力で親の面倒を看ようという気持ちを感じません。芸人は大衆の中から出てくるのに、その大衆と乖離してしまっている。こういう人間がテレビを牛耳っているのはどうなのか」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中