小川前法相、指揮権発動を首相に相談 首相は了承せず

印刷

   内閣改造で退任した小川敏夫前法相は2012年6月4日午後に開いた退任会見で、陸山会事件を担当していた検事が虚偽の捜査報告書を作成していた問題をめぐり、検事総長に対する指揮権の発動を野田佳彦首相に相談していたことを明らかにした。

   陸山会事件では、民主党の小沢一郎元代表の元秘書、石川知裕被告を取り調べた東京地検特捜部の田代政弘検事=現・法務総合研究所=が、実際にはなかったやり取りを捜査報告書に記載したことが明らかになっている。市民団体が虚偽有印公文書作成・同行使容疑で告発したが、田代検事は嫌疑不十分で不起訴になる見通しだ。

   小川前法相は、指揮権発動で田代検事に対する捜査を徹底させる狙いだったとみられるが、野田首相は了承しなかったといい、実際の発動は見送られた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中