小川前法相、指揮権発動を首相に相談 首相は了承せず

印刷

   内閣改造で退任した小川敏夫前法相は2012年6月4日午後に開いた退任会見で、陸山会事件を担当していた検事が虚偽の捜査報告書を作成していた問題をめぐり、検事総長に対する指揮権の発動を野田佳彦首相に相談していたことを明らかにした。

   陸山会事件では、民主党の小沢一郎元代表の元秘書、石川知裕被告を取り調べた東京地検特捜部の田代政弘検事=現・法務総合研究所=が、実際にはなかったやり取りを捜査報告書に記載したことが明らかになっている。市民団体が虚偽有印公文書作成・同行使容疑で告発したが、田代検事は嫌疑不十分で不起訴になる見通しだ。

   小川前法相は、指揮権発動で田代検事に対する捜査を徹底させる狙いだったとみられるが、野田首相は了承しなかったといい、実際の発動は見送られた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中