菊地容疑者の偽名「千鶴子」の不可解 「智津夫」を意識していたのか?

印刷

   オウム真理教の元信者、菊地直子容疑者が2012年6月3日に逮捕され、次第に逃亡の足取りがわかってきた。

   容疑者が逃亡中に使っていた偽名は「櫻井千鶴子(さくらい・ちづこ)」だ。これが元教団代表の麻原彰晃死刑囚の本名「松本智津夫(まつもと・ちづお)」を連想させる、と見る向きがある。「もう信仰心はない」と供述している菊地容疑者だが、まだ洗脳は解けていなかったのだろうか。

「信仰心ないなら名前聞くのもイヤなはず」

   2012年6月5日放送の「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)では、菊地容疑者の17年間の逃亡生活の足取りを詳しく解説した。菊地容疑者はこの何年か、介護サービスに従事し、「櫻井千鶴子」という偽名で月収13~14万円を稼いでいた。

   ここで思い出すのが、オウム真理教の元幹部・平田信被告をかくまったとして今年1月に逮捕された元信者の斎藤明美被告のことだ。彼女は、「吉川祥子(よしかわ・しょうこ)」という偽名を使っていた。

   「千鶴子」と「祥子」。これらの名前は、松本智津夫、麻原彰晃から取ったのでは?といぶかしむ声がある。

   菊地容疑者、平田被告、斎藤被告ともに「もうオウムは信じていない」と供述しているが、それならば教祖を彷彿とさせるような名前を名乗るだろうか。朝ズバッ!では東京工業大学の影山任佐教授からの、「本当に信じていないのなら名前を聞くことすらイヤだろう。この偽名を使うことはまだ完全には信仰心がなくなっていないのでは?」というコメントを紹介した。

信仰はしていないが、恐怖心が残っている状態?

   なぜ菊地容疑者、斎藤被告は教祖を連想させるような名前を名乗っていたのだろうか。

   カルト的要素を持った宗教団体入信者の家族からの相談窓口になっている「NPO法人 全日本青少年育成協会」理事長で、日蓮宗薬王寺住職の大埜慈誠氏に話を聞いたところ、宗教を脱会した人は、かつて信仰していた宗教を連想させるような言葉はもう聞きたくない、口にしたくないという場合が多いという。その多くはカルト教団がマインドコントロールのため、「○○をしなければ地獄に堕ちる」「○○でいなければ世界が滅亡する」などの言葉を巧みに使って植え付ける「恐怖心」がよみがえってくるためで、プロの宗教家から脱会カウンセリングを受けていない人は恐怖心をなかなか取り除けないそうだ。

   菊地容疑者に関しては、ほかの逃亡者と同じ場所にいた時は麻原を意識して偽名を使っていただろうが、その後は恐怖心によって完全に麻原を消し去れず、名前だけは逃亡が始まった頃のままにしていたのかもしれないという。

   しかし「信仰心は失っているだろう」とも指摘する。「麻原を信じていない」というコメントは元信者にとって演技や嘘では言えない言葉だ。今の菊地容疑者は信仰心はないが忘れることができないという状態ではないかと憶測した。また、信仰心はなくても何かを決断するとき、「恐怖心」から逃れるため宗教に関連付けた道を選択することがあるという。菊地容疑者は信仰当時の強いマインドコントロールがいまだに尾を引いて、「宗教を連想させるような名前を名乗らざるを得ない」という心理状態に陥った可能性がある、ということだ。

   もっとも、この「櫻井千鶴子」という偽名をいつから使っているのかなどは分かっていない。「偽名」での社会生活が定着してしまうと、こんどは新たな名前に替えるのが難しくなるので、ずるずる使い続けたということも考えられるかもしれない。

(2012年6月6日追記)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中