「ひげの殿下」三笠宮寛仁さま、ご逝去 66歳

印刷

   天皇陛下のいとこにあたる三笠宮寛仁(ともひと)親王殿下が2012年6月6日、咽頭(いんとう)がんで入院中の佐々木研究所付属杏雲堂病院で亡くなられた。66歳。宮内庁関係者が明らかにした。

   昭和天皇の末弟・三笠宮さまの長男で、皇位継承順位は6位。障害者福祉やスポーツ振興などに積極的に取り組んだほか、メディアにも積極的に登場し、その容貌から「ひげの殿下」の愛称で親しまれた。妻は麻生太郎元首相の妹・信子さま。彬子さま、瑶子さまの2人の娘がいる。

   平成3年の食道がんの手術以来、のどなどにできたがんのため、これまでに16回の手術や治療を受けていた。このほかアルコール依存症や不整脈の治療のため、たびたび入院された。近年は人工喉頭と呼ばれる器具をのどに当てて会話をされていたが、昨年まで積極的に公務を続けていた。ことしに入って、のどのがんを切除する手術を受け、入院を続けていた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中